脱毛

【ミュゼプラチナムの予約変更】VIOは?効果ない?クリニックのように料金かかる?

ミュゼプラチナム 予約変更

ミュゼプラチナムは会員数410万人を超える人気の光脱毛サロンです。

美容脱毛サロン店舗数・売上げ10年連続NO.1

ミュゼでは、一人多くの人に『カウンセリング』や『施術』を入れてもらうため、管理に力を入れています。

この記事では、予約のルールや変更、キャンセル、ペナルティについてご説明します。

この記事でわかること
  1. 施術の予定変更・キャンセル方法
  2. 無料カウンセリングの予定変更・キャンセル方法
  3. キャンセル料・ペナルティについて
  4. 遅刻について
  5. 無断キャンセルについて
  6. 生理中のキャンセルについて

『お客様ファースト』のミュゼプラチナムの予約管理システムのおかげで、ストレスなく通うことができますよ♡

ミュゼプラチナム

\今なら期間限定コースが0円╱

\全国176店舗!400万人突破!公式を見てみる╱

【ミュゼ会員の方】ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルの方法

ミュゼプラチナム 予約変更

脱毛業界で一番のネックといえば、予約ではないでしょうか?

ミュゼでもまた、会員になると予定との兼ね合いがあり、中々施術ができないなどといったことがありました。

しかし、現在ではミュゼは改善を重ねており、取りやすくなっているのも確かです。

会員の場合、3つの変更・キャンセルの方法があります。

3つの手段
  1. WEB会員サイト
  2. アプリ
  3. 電話

つい一昔前までは、ネットがそこまでの普及がされていませんでした。

現在は、スマホの普及などネット環境が発達し、WEB会員のサイト・アプリという選択肢が増えました。

何か月先まで取れる?

『ミュゼパスポート』のアプリでは、4ヶ月先の予約までが取れるようになっています。

電話だと臨機応変な対応が可能ですが、電話可能時間は9:00~18:00と限られています。

回線が混雑しているとイライラの原因となりますし、予定と照らし合わせることもできません。

電話のキャンセルや変更の場合、早めに連絡を入れるようにしましょう。

WEBサイトかアプリがおすすめです。

ポイントは、いったん予約枠を抑えること。

専用公式アプリ『ミュゼパスポート』をチェックしながら、キャンセル枠に変更できる場合もあります。

キャンセル枠って一瞬で埋まることがあるので、スムーズに枠を確保したいのでれば、公式アプリをダウンロードしみましょう。

ただ、それぞれにメリット・デメリットがありますので、解説をしていきます。

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法1:会員サイト

ミュゼはインターネット上の会員サイトで、変更・キャンセルが可能です。

やり方は簡単で、ステップ4つの行程で行えます。

スマホやパソコンからの操作が可能です。

電話とは違い制限がありませんので、24時間いつでも好きなタイミングで変更・キャンセルが行えるのが特徴です。

また、予約の確認もアプリから確認できます。

WEB(会員サイト)
  • STEP01
    会員サイトへアクセス
    パソコンやスマホのブラウザから会員サイトにアクセスします。
  • STEP02
    ログイン

    ミュゼプラチナム 予約
    ミュゼプラチナムの『会員番号or登録したメールアドレス』と『パスワード』を入力しログインして下さい。

  • STEP03
    キャンセル
    現在の予約状況の詳細ページにある、『この予約内容をキャンセルする』というボタンをクリックすると、キャンセル確認画面に遷移します。
  • STEP04
    キャンセル・変更の確定
    確認後、『キャンセルする』ボタンをクリックするとキャンセルが確定します。変更で次の予約を取りたい場合は『変更』ボタンをおしましょう。

インターネットの接続不良などに注意しましょう。上手く接続されず、きちんと処理がされずにいると、翌日『ペナルティ』を受ける可能性もあります。最後まで確定を見届けください。

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法2:アプリ

ミュゼプラチナム 予約変更

会員向けに専用スマホアプリ『ミュゼパスポート(MUSEE PASSPORT)』が配信されています。

【ミュゼパスポートダウンロード】

最初に一度ダウンロードすることで、わざわざインターネットから会員サイトにアクセスする必要がありません。

アプリからスムーズに予約を取るとることができ、アプリ限定機能を搭載しています。

アプリ限定機能

『当日』『翌日』『1週間以内』の予約が簡単にできたり、お得な割引クーポンが毎月届きます。コスメが最大80%offで購入できる特典も!

会員サイトと同様、アプリでもインターネットを使用するため、24時間手続きが可能で確認も同様にできます。

ネットの接続不良などで、キャンセル処理が確定されてないまま当日を迎えてしまうと、最悪ペナルティとして扱われてしまいます。キャンセルが完了したかを、必ずアプリで確認しましょう。

アプリ(ミュゼパスポート)
  • STEP01
    アプリを起動
    スマホからミュゼパスポートのアプリのアイコンをタップしてアプリを起動します。
  • STEP02
    入力

    以下、2つを入力後、ログイン

    『ミュゼプラチナムの会員番号』または『登録したメールアドレス』
    パスワード

  • STEP03
    キャンセル・変更
    日にちや内容などを確認するページにある『キャンセル』ボタンをタップすると、予約のキャンセルの確認画面に遷移します。
  • STEP04
    完了
    確認後、『キャンセルする』ボタンをタップするとキャンセルが完了です。

現在の入っているキャンセルと日にちの変更をする場合は、『変更』ボタンをタップすると、両方の変更ができます。

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法3:電話

電話で変更やキャンセルをする場合、直接スタッフとお話できて安心ができる反面、深夜に急な予定変更になってしまった場合、次の日の朝まで待たければなりません。

最悪の場合は、脱毛1回分のチケットが切られてしまう可能性もあります。

やむを得ず予定が変わってしまった場合、ミュゼプラチナムの会員ページやアプリから行えば、前日の夜であれば料金が一切かからないのでチャレンジしてみてください。

ただ、日にちの確認をしたい場合、電話でしかできないというデメリットもあります。

忘れないようメモを残しておきましょう。

電話(ミュゼコンシェルデスク)

ミュゼでは以下の電話番号に連絡し、キャンセル・変更をすることができます。

電話番号:0570-007830(会員さま専用ダイヤル)
受付時間:9:00~18:00(定休日なし)

コールセンターの受付時間を過ぎてしまった場合、直接電話連絡をしてみましょう。

生理によるキャンセルや施術箇所の変更は、電話でないとできません。

トラブル回避・スタッフを電話に取られないようにするため、電話番号は全国統一となりました。

ですが、コールセンターのスタッフは対応に慣れていてスムーズに変更・キャンセルができます。

【無料カウンセリング】の予約変更・キャンセルは電話またはWEBで行う

変更・キャンセル2つの方法

電話の場合:電話で変更・キャンセル
WEBの場合:WEB or 電話で変更・キャンセル

電話で予約をしていた場合は、電話でしか変更・キャンセルはできません。

WEBの場合は、WEBでも電話でもどちらの変更・キャンセルも可能です。

WEBからの操作は簡単ですので、インタネット環境が整っているのであれば、WEBからの変更・キャンセルがおすすめ。

予約確認完了のメールに届いている『予約変更・キャンセル』の専用URLリンクから、変更やキャンセルの操作を行ってください。

電話番号:0120-489450(カウンセリング予約専用ダイヤル)
受付時間:9:00~18:00(定休日なし)

関連ページ:ミュゼプラチナム 予約取れない

ミュゼは予約変更するとキャンセル料が発生する?ペナルティについて

ミュゼプラチナム 予約変更

ミュゼでは、変更やキャンセルに対する『ペナルティ料』『キャンセル料』というのはありません。

施術のお手入れ開始時間の24時間前までなら『前日のキャンセル』であっても大丈夫なんです。

ミュゼでは、予約時間の24時間前を過ぎて変更やキャンセルを入れた場合、当日キャンセル扱いとなります。

当日キャンセルにならないようにするためには、キャンセルや日時変更を、お手入れ開始時間の24時間前までに済ませる必要があるのです。

日にちを忘れないために

ミュゼの会員サイトに登録しておけば、近くになったらお知らせメールが届きます。

ただし『当日キャンセル』の場合は、該当するお手入れ分が消化されたと見なされ、解約時の返金対象とはなりません。

【当日キャンセルをした場合の返金例】

  • 全身脱毛コースレギュラープラン:6回コース
  • 施術回数:2回
  • 当日キャンセル:2回

返金額:未消化の2回分

また、解約する時に返金をしてもらった場合、契約日から3年以内であれば解約手数料も無料でかかりません。

なぜ、ここまでキャンセルに寛大なのかというと、ミュゼでは『回数保証制度』という制度があるため、契約期間であればお手入れをする回数を保証されているためです。

ミュゼが常にお客様第一目線で、対応する精神であることが伺えます。

ミュゼの『完了保証コース』では、一度に施術3回分の予約を取ることが可能です。

回数無制限の完了保証コースの場合、全身脱毛、部分脱毛どちらでもまとめて3回分の施術を取ることができます。

こちらのコースだとストレスが軽減、脱毛のスケジュールが立てやすくなるでしょう。

それでは詳しくみていきましょう。

ミュゼは予約変更やキャンセルのペナルティ(キャンセル料)はありません

ペナルティは?

ペナルティはなく、当日キャンセル・遅刻でもキャンセル料金はお支払いの必要はありません。

キャンセル

施術当日のキャンセルでも、キャンセル料が発生することはありません。

また、1回分消化扱いになることもありません。

ただその枠は本来、別の人を入れることができた貴重な時間枠でもありますので、最低限のマナーは守りましょう。

ミュゼの会員数

会員が410万人以上を抱える人気の光脱毛サロンです。

施術枠は大変貴重なものだといえます。

10分以上の遅刻

ミュゼでは遅刻にはやや厳しめです。

10分以上の遅刻で、その日の施術は断られてしまいます。

遅刻によって『当日キャンセルの扱い』となってしまうかどうかは、その時の店舗の状況によって異ることも!

多くの場合で遅刻はペナルティが課せられる脱毛サロンが多いのですが、ミュゼの良心的なところはその日の施術はお断りされても、次回の施術の取り直しをしてくれるところです。

つまり、回数は消化にはなりません。

ただ、10分以内の遅刻の場合、施術箇所が削られてしまう可能性があります。

その場合、できなかった範囲は取り直しくれるので、回数が減るようなことはありません。

 

遅刻の場合でも、電話連絡は忘れずに入れましょう。

当日キャンセルの場合は該当するお手入れ分が消化され解約時の返金対象にならない

当日キャンセル扱いにされるキャンセル
  • 施術開始時間までに来店しなかった施術
  • 施術開始時間の24時間前を過ぎた変更、キャンセルをした施術

一見すると、ミュゼでキャンセルや遅刻をしても、デメリットはないように思われます。

しかし当日キャンセルや遅刻によるキャンセルは、大きなデメリットになる可能性があるのです。

デメリット
  1. 契約期間内に通い切れなくなる可能性も
  2. 解約時の返金額が減る

ミュゼの契約期間は『完了保証コース』などを除き、一律3年です。

遅刻により施術が取り消された場合『解約時の返金の対象外になる』となります。

これは、ミュゼを解約をせずに通い切れば何も問題ありません。

もし解約することになった場合、『解約返金額』から『無断キャンセル分』の料金が引かれます。

ミュゼは回数保証制度があるため契約期間であればお手入れを受けられる

回数保証制度とは

施術の24時間以内に変更・キャンセルされた場合でも、回数保証制度により契約期間内の施術が可能となります。

ほとんどの脱毛サロンが、キャンセルをするとペナルティとして脱毛回数が1回分消化されたり、ペナルティ料を支払う必要があります。

しかし、ミュゼには『回数保証制度』があるため、当日キャンセルをしてしまった場合でも回数が消化になりません。

契約期間内に別の日にちで取り直しましょう。

万が一、急な予定が入り行けなくなったり、間に合わなくないときでも、解約期間内であれば、別日に施術を改めることが可能です。

ミュゼの契約期間について

ミュゼの解約期間

契約期間は一律3年です。条件を満たした場合は契約期間を最長5年まで延長できます。

セレブラ ナイトブラ 評判

ミュゼの契約が切れる『1年以内に施術を受けることで、1年間契約機何が延長されます。

その場合、最大5年の契約期間になるということです。

最大である5年を過ぎてしまうと、脱毛も返金も受けられなくなってしまいます。

妊娠・出産など、何らかの理由で長期的に通えない場合『休会制度』を利用するといいでしょう。

休会制度を利用している期間は、回数が消化されることはありません。無期限で休会できるすごい制度です。

契約期間は、自分自身での管理となります。

気が付いたら契約期間終了!などと悲しいことにならないよう注意しましょう。

ミュゼの回数保証制度について

ミュゼプラチナムがここまで施術のキャンセルや変更に寛容な対応の理由は、『回数保証制度』があるからです。

遅刻した場合でも、回数保証制度があるため契約期間内であれば、別の日に施術を受けることができます。

他の脱毛サロンは?

脱毛サロンによっては、ミュゼプラチナムのように期間内の保証ではなく、回数で保証を行っているサロンもあります。

契約期間を気にせず通えるメリットもありますが、返金の保証期間が決まっていることが多いので、契約内容は要確認です。

ミュゼプラチナムは休会制度が充実していますので、契約期間が決まっていても安心です。

ただし、契約保証期間が過ぎると新規の扱いにはなりません。

ミュゼプラチナムが初めての方限定の『初回限定コース』の再契約はできませんので注意しましょう。

ミュゼの当日キャンセルについて/予約変更・キャンセルはいつまで可能?

ミュゼプラチナム 予約変更

ミュゼでは、お手入れ開始時間の24時間前までにキャンセルをする必要があります。

当日キャンセルに該当するのは
  1. 当日施術開始時間になっても来店がなかった場合
  2. 施術開始時間の 24 時間前を過ぎた変更・キャンセルを行った場合

ただ逆にいうと、24時間前であれば2日前でもいいのでとても良心的&安心です。

他のサロンだと、3日前からキャンセル料が発生する所もあります。

ミュゼでは会員専用アプリ『ミュゼパスポート』を利用することで、『希望する店舗』や『希望の曜日の日時』にキャンセルの空きが出た時に通知が届くように設定できるのです

脱毛で高い効果を出せるよう成功する鍵は、脱毛の間隔が一定になるように計画どおりに脱毛に通うことです。

体毛には『毛周期』というものがあります。

サロンの施術を逃しズルズルと期間が空いてしまうと、脱毛をする予定だった毛が『成長期以外の毛』となりレーザーに反応せず、脱毛期間が長引き、失敗に終わってしまうこともあるのです。

ミュゼの予約変更・キャンセルは予約開始時間の24時間前までOK

ミュゼの施術の変更・キャンセルは、お手入れ開始時間の24時間前までOkです。

【例えば】

『4/1 17:00~』のお手入れを⇒ 3/31 16:59までにキャンセル又は変更を行ってください。

施術開始時間の24時間を過ぎた施術の変更・キャンセルは『当日キャンセル』扱いとなります。

ただ単純に一日前までにすればいい!などと軽く考えないよう注意しておきましょう。

『前日までに』ではなく『24時間前までに』ということです。

前日といわれるよりも、24時間前までにといわれることで、しっかり時間まで正確に覚えておかなければなりませんので、絶対に予約日を忘れない気がします。

ミュゼもそういった数字のマジックを使った、心理学的なことを狙ってるんでしょうか?笑

施術の変更・キャンセルは会員サイト又は電話から手続きしてください。

電話番号:0570-007830(会員さま専用ダイヤル)
受付時間:9:00~18:00(定休日なし)

当日キャンセルに該当するもの1:お手入れ開始時間までに来店がない

ミュゼでのお手入れ開始時間までに来店ができなかった場合、『当日キャンセル』に該当することになります。

致し方ない理由がある場合でも、マナーとして電話は入れるようにしましょう。

貴重なひと枠であった可能性もあります。

もしあなたが、前日までにキャンセルをしてけば、3-4人が取り合うレベルの枠だった可能性もあるんですよ。

遅刻などしないよう余裕を持って来店するようにしましょう。

当日キャンセルに該当するもの2:お手入れ開始時間の24時間前を過ぎてからの変更やキャンセル

通常ミュゼプラチナムでは、一ケ月以上先の予約を入れるわけですから、予定日が近づくにつれ、予定が怪しくなることもありますよね。

デートや友達との急な約束の方を優先したいですし、近くになって変えたくても枠がなくて、空きを探しているうちに24時間前を過ぎてしまうなんてことも!

また、忘れてたなんてこともあり得るでしょう。

お手入れ開始時間の24時間前を過ぎてからの、変更やキャンセルは『当日キャンセル』として扱われてしまいます。

ミュゼプラチナムは人気店ですので、できるだけ早めに行動するようにしましょう。

ミュゼは会員専用アプリでキャンセル待ちが可能

ミュゼプラチナム 予約変更
空き状況を通知してくれるサービス

ミュゼプラチナム会員専用アプリで『空き時間通知』機能が便利!日付・時間帯など、希望条件を設定しておくと、空きが出たら通知が届きます。お知らせがきて一定時間は、必ず予約が可能。一定時間というのは状況次第で変動するので、早めに取りましょう。

予約を確保するのってストレスですよね。

人気が高いミュゼでは、中々空きが出ない時間帯も!

ひと昔前までは、WEBで予約なんてできませんでしたから、電話のみでした。

最近では、多くのサロンがWEBが使えるようになりましたが、空きを知らせてくれるサロンは少ないもの。

空き時間の知らせがあると、そりゃ便利ですよ!

一々、ログインしてこまめに予約状況をチェックする必要がありませんから。

予約状況

状況は10~15分で変化することも多いです。さっき空きがあった枠でも、次に見ると埋まっていたなんてよくあること。

『希望の店舗』と『日程』を登録すると、その期間内のキャンセルが出た時に通知が届きます。

ミュゼの無断キャンセルはどうなる?

ミュゼプラチナム 予約変更

うっかり脱毛の施術があることを忘れていた!または体調不良でどうしようもなかった…なんてことはあるでしょう。

特に電話で取った場合には、近くになったら通知のメールが届くわけではありませんので、メモや予定表に書いていない場合には、忘れる原因となってしまいます。

また、数カ月に一度通っているという人がほとんどです。

忘れた頃に脱毛を行うので、それでけ期間が開くと忘れてしまっても仕方ありません。

他のサロンでは、ほとんどがペナルティ料金を支払うことがほとんど。

しかし、ミュゼでは無断キャンセルにまで良心的で一切ペナルティが発生しません。

ペナルティは全くなし?

脱毛を解約する場合に、無断キャンセルを消化扱いされます。

何もペナルティがないからといって、毎回のように無断キャンセルをするというのは、道徳的にも問題があるといえるでしょう。

例えば、スタッフのシフトだってありますし、必要な機材だって揃えてるんです。

脱毛が無断でキャンセルした時間だって、人件費などの経費が発生しています。

もやもやした気持ちになってしまい通いにくくなってしまいますので、極力無断キャンセルは控えましょう。

無断キャンセルの場合は当日キャンセルと同様に見なされる

無断キャンセルをした場合

当日キャンセルと同様の扱いとなります。ミュゼコールセンターより電話が入りますが、怒られるようなことはありません。

ミュゼでは気持ちよく通っていただく『お客様ファースト』の接客を目指しています。

  • 無理な勧誘をしない
  • 表示価格以外のものはかからない
  • キャンセルしてもお手入れ回数の保証

これらをスタッフ間で徹底していますので、お客様に寄り添った接客ができるのです。

万が一、すっかり予約の存在を忘れていたようなことがあり、無断欠勤をしたならば一言謝りましょう。

気まずくなるようなことはなく『大丈夫ですよ』と言ってくださるはずです。

何度も同じようなことをすると目をつけられそうなものですが、一度や二度ならあまり気にせず次の予約を取りましょう。

無断キャンセルでもペナルティは発生しない

無断キャンセルは返金額に影響

万が一、途中解約をする場合『無断キャンセルor当日キャンセル』分は消化したとみなされます。その分返金されません。

無断キャンセルした場合でも当日キャンセル同様の扱いとなり、キャンセル料や回数の消化などのペナルティはありません。

また、ミュゼでは『回数保証制度』を設けています。

無断キャンセルをすると中途解約した際に返金されませんが、契約期間内であれば施術を受けることが可能です。

【例えば】

全身15回コースを契約のあでれば、契約期間内であれば確実に15回の施術が保証されます。

予約を取り直せば、1回分消化されず施術を受けることができるありがたい制度です。

無断キャンセルしてしまった場合は、契約を続けた方がお得かもしれませんね。

無断キャンセルをしても次回予約は取れる

施術時間までに来店がない場合、ミュゼコールセンターから電話が入りますが、電話に出れなかった場合は次回の予約がアプリからすぐにとれません。

電話は繋がらないことも多く、その場合2、3日後には取れるようになります。

ミュゼコールセンターと通じることができれば、その場で『キャンセル』がされ、すぐに次回予約が取れるのです。

ミュゼコールセンターからの電話はできる限り出た方がいいですよ!

ミュゼの通常コースでは予約は一人1つ。

枠が3つ抑えられうコースもあります。

事実確認ができた地点で『キャンセル』がされますが、できなければ数日間は予約が残ったままになります。

ミュゼコールセンターに電話連絡をとるか、自然に解除されるのを待つかのどちらかで、次回分が取れるようになるでしょう。

ミュゼは生理などで急なキャンセルはできる?

ミュゼプラチナム 予約変更

女性にとって毎月くる生理というのは、避けることができません。

ミュゼでは、生理でも当日キャンセルと同等な扱いがされ、ペナルティの対象となりません。

ただし、やはり解約時は消化扱いされてしまうので注意が必要です。

ミュゼの公式からは、デリケートゾーン以外の箇所は体調も良好で、痛み止めなどのお薬を服用されていなければ、施術は可能であることが書かれています。

生理中は、デリケートゾーンであるVIOの施術はできません。

生理になった場合の注意点
  1. 両ワキ+Vライン脱毛完了コースは『両ワキのみ』の施術はできないため、キャンセルor施術の変更する必要があります
  2. 全身美容脱毛コースは『VIOの施術のみ』後日振替が可能です

生理中は肌や体調が不安定のため、痛みや炎症を感じやすくなります。

人によっては、肌トラブルが生じやすくなるのです。

また、肌が敏感なので痛みもいつも以上に感じます。

生理の終わりかけでも、経血が脱毛器やベッドなどに付着すると不衛生です。

生理が完全に終わるまで待ちましょう。

タンポンでも100%血液の漏れを防ぐことはできません。

しかし、生理中にサロンへ通えないとなると、スケジュール管理にも影響します。

できる限り生理後のタイミングを押さえるなど、注意して脱毛を受けることがポイントとなりそうです。

ミュゼは生理でも当日キャンセルと同様に見なされる

急な生理でも大丈夫

ミュゼでは生理でも『当日キャンセル』の扱いをされます。別の日に変更が可能で、ペナルティ料金を支払う必要はありません。生理周期が不安定な女性にミュゼは心強い味方なのです。

女性のとって避けられない生理。

生理がはじまったことによるキャンセルは多いことです。

ミュゼは施術日の変更、当日キャンセルによるペナルティはありません。

生理現象で仕方のない理由なのですが、他のサロンでは『当日キャンセル料』を支払わなければならないサロンも存在します。

生理をアプリで管理

ミュゼプラチナムのアプリ『ミュゼパスポート』では、排卵日が予測できるカレンダー機能があります。

ミュゼが、多くの女性に選ばれる理由がよくわかります。

生理不順で予測がしにくい女性にとって、キャンセル料が発生しないミュゼは心強い味方なのです。

生理になった時点で早めに電話をしましょう。当日キャンセルの場合はWebやアプリでできません。

電話番号:0570-007830(会員さま専用ダイヤル)
受付時間:9:00~18:00(定休日なし)

ミュゼは生理中はデリケートゾーン(VIO)の施術はできない

生理中のVIO脱毛できない理由
  1. 肌が敏感で痛みを感じやすい
  2. 経血による血液感染症の防止
  3. 肌トラブルの防止

血液の出ている、VIOのデリケートゾーンの脱毛は絶対にできません。

タンポンを入れたとしても、血液が伝い漏れする可能性が充分考えられますのでやめましょう。

施術ではVIOの肌に直接触れるため、生理中のストレスを軽減する意味でも、速やかに連絡して日にちの変更してください。

経血が施術を行ってくれるスタッフに付着すると、感染症のリスクもありあまりいい気持ちにはなれません。

また、生理中はお肌は敏感になっていて、肌トラブルも起こりやすい時期です。

トラブルを避けるためにも、ミュゼではペナルティ料金は発生しないのです。

両ワキ+Vライン脱毛完了コースは両ワキのみの施術はできない

生理中に施術を受けられないプラン
プラン名 生理時の対応
ハイジニーナ7VIO脱毛コース キャンセル
両ワキ+Vラインコース Vラインのみキャンセル

 

生理中はVIOの脱毛ができないとお話しましたが、この2つのプランは生理の終わりかけでも施術はできません。

別の日に変更するようにしましょう。

施術の24時間前までであれば、WEBやアプリでの変更でも大丈夫です。

直前や当日の場合は、コールセンターに電話連絡を入れましょう。

ミュゼでは、当日キャンセル料金が発生することはありません。

キャンセルの電話でストレスを感じなくてすみます。

また『当日キャンセル』は24時間前まででれば、ペナルティとしてみなされません。可能な限り24時間前までに変更しましょう。

全身美容脱毛コースはVIOの施術のみ別日に振替が可能

生理でキャンセルすると後日改めての施術となるのですが、また更に生理が被ってしまうとどんどん先延ばしとなってしまいます。

全身美容脱毛コースであれば、VIOのみの施術が別日に振替が可能です。

VIO以外の部位であれば、生理中であっても経血が触れることがないので、施術を受けてられます。

しかし、腕や足などの脱毛であっても、生理中はホルモンバランスが崩れダメージを受けやすいため、可能な限り控えた方が良いでしょう。

ミュゼではコールセンターで連絡をすれば、適切なタイミングに日にちをズラしたり、アドバイスをくれたます。

また、サロン側の対応もありますので、できる限り早めに連絡をしましょう。

生理中は肌や体調が不安定のため予約変更・キャンセルがおすすめ

生理前や生理中は体調を崩しやすいため、どの部位においてもおすすめはできません。

このタイミングで脱毛を受けると、場合によって痛みを強く感じてたり、体調が悪化することも!

生理中の肌トラブル
  1. 肌の乾燥:生理中はエストロゲンの分泌量が減り、肌が乾燥しやすくなる
  2. 肌が赤くなる:肌表面を覆う角質層の構造が乱れ、肌がゴワゴワ、ヒリヒリとしたかゆみが生じる
  3. ニキビや吹き出物:プロゲステロンの作用により、ニキビや吹き出物ができやすく、痛みを生じたり赤みを帯びる

できる限り生理前~生理中は避けるのが無難といえます。

最も適している脱毛時期は『生理後1週間』のタイミングです。

生理後1週間ほどでホルモンバランスが整い、肌の生成を促進する女性ホルモンが増加し、肌の水分量も増え脱毛効果が深まるのです。

体調が安定しやすくなり、肌トラブルが少ない時期なのです。

生理になった場合でも、キャンセル・変更は『電話』と『WEB専用サイト・アプリ』でできます。

ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルについてまとめ

ミュゼは『お客様ファースト』を第一に考えている脱毛サロンです。

スムーズに対応できるシステムが、ノンストレスで多くの利用者をまわしています。

急な予定が入ったり、施術のことを忘れていたとしても『大丈夫ですよ』と安心させてくれる接客ができるよう『ペナルティ料金』や『回数保証制度』など充実したシステムを導入しているからできるのです。

ミュゼプラチナム予約変更・キャンセルまとめ
  • 施術の変更・キャンセル方法⇒会員サイト・アプリ・電話でできる
  • 無料カウンセリングの予約変更・キャンセル方法⇒メールに届いている『予約変更・キャンセル』の専用URLリンク・電話
  • キャンセル料・ペナルティについて⇒キャンセル料・回数消化なし、途中解約時の返金対象額から差し引かれる
  • 遅刻について⇒10分以上の遅刻でペナルティを課せられず当日キャンセル扱いか施術箇所が削られる
  • 無断キャンセルについて⇒当日キャンセル同様の扱い。キャンセル料・回数消化なし、途中解約時の返金対象額から差し引かれる
  • 生理中のキャンセルについて⇒当日キャンセル同様の扱い。キャンセル料・回数消化なし、途中解約時の返金対象額から差し引かれる

『先の予定が決めにくい』

『予定が変わりやすい』

そんなあなたに安心して通える『ミュゼプラチナム』がおすすめです。

関連ページ:ミュゼ 口コミ