脱毛

【セルフVIO脱毛】自宅でのやり方・注意点/除毛クリームなどについて

セルフ VIO 脱毛

デリケートゾーンに毛がない方が『生理の時に蒸れにくく清潔』『ハミ毛が気になる』『パートナーのため』などの理由でVIO脱毛する人が多くいます。

脱毛サロンでもできますが、費用がかかるので、まずはセルフでVIO脱毛をしようと考える方もいるでしょう。

セルフでVIO脱毛をする時に、色々と気になりませんか?

「自宅でできるセルフVIOのやり方は?」

「セルフVIO脱毛の注意点は?」

「セルフVIOのメリットデメリットは?」

この記事では以下『やり方・メリット・デメリット』ことについて解説していきます。

  1. セルフVIO脱毛をカミソリで行う方法
  2. セルフVIO脱毛をヒートカッターで行う方法
  3. セルフVIO脱毛を電気シェーバーで行う方法
  4. セルフVIO脱毛を除毛クリームで行う方法
  5. セルフVIO脱毛をブラジリアンワックスで行う方法
  6. セルフVIO脱毛を家庭用脱毛器で行う方法
  7. セルフVIO脱毛の注意点・ポイント

この記事を読めば、セルフVIO脱毛のやり方がわかりますよ。

後半は、おすすめの除毛クリームも紹介しますね♪

おうちでVIOをツルツルにしちゃいましょう!

自宅でセルフVIOのやり方/除毛クリームや家庭用脱毛器

VIO脱毛 セルフ

VIOセルフ脱毛1・カミソリ

 

カミソリのメリット/手軽、経済的、場所を問わない

カミソリのメリット
  • 手軽
  • 経済的
  • 場所を問わない

ムダ毛処理をする時に、T字のカミソリを使っているという人が多くいますね。

私も自己処理する時に、ドラグストアで購入した刃が替えられるタイプのT字のカミソリを使っています。

カミソリの替え刃があるタイプは、ドラグストアで1,000円ほどで販売していることもありますが、使い捨ての安いものは100円ショップで3本セットで売っていることもあります。

コンビニやスーパーでも手軽に購入できるので、旅行先でムダ毛が気になった時でも自己処理に困ることがないですよね。

シェービングの方法には、カミソリ以外に電気シェーバー、除毛クリーム、ワックスと複数の方法がありますが、カミソリが一番経済的で手軽ですよね。

カミソリのデメリット/肌に負担がある、傷ができる、不衛生になる、毛嚢炎の原因になる

カミソリのデリット
  • 肌に負担がある
  • 傷ができる
  • 不衛生になる
  • 毛嚢炎の原因になる

カミソリは、シェービングで肌の上を滑らせる時に、ムダ毛をカットしながら肌の表面にある角質まで薄く削ってしまうので、肌に負担になるというデメリットがあります。

カミソリで自己処理をする時に肌にたるみがある状態だと、たるみが刃に引っかかって傷ができてしまうこともあるのです。

カミソリによってできてしまった傷に『黄色ブドウ球菌』などの細菌が侵入してしまうと、毛包が炎症する毛嚢炎という肌トラブルを引き起こします。

また、カミソリはお風呂で使うことが多いので、濡れたままお風呂に置いておくという場合もありますね。

刃に皮脂が付いた状態で濡れたまま放置というのは不衛生!

雑菌が繁殖してしまうので、カミソリを使用した後は良く洗って乾燥させるようにしましょう。

カミソリでセルフ脱毛のやり方1・事前に長い毛ははさみでカットしておく

カミソリで自己処理をする場合、事前に長い毛ははさみでカットしておきましょう。

VIOの中で特にVゾーンは長い毛が生えているので、あらかじめ毛をハサミでカットした後にカミソリを使うことです。

いきなりカミソリで長い毛を剃ろうとすると、毛がカミソリの刃に絡まってしまいうまくシェービングができなくなってしまいます。

ここがポイント!

長い毛はできれば先が丸い『鼻毛切り用ハサミ』を使って、短くカットしてからカミソリを使うと剃りやすくなりますよ。

Iライン、Oラインは粘膜に近く、肌にたるみがあり特にデリケートな部分。

カミソリよりも肌にやさしい電気シェーバーがおすすめですが、カミソリを使う場合には小さ目のT字カミソリまたはI字のカミソリを使うようにしましょう。

Vゾーンの毛を全部剃るのではなく、一部を残す場合にはVラインテンプレートを使ってテンプレートからはみ出た毛を剃ると、キレイな形を作ることができます。

カミソリでセルフ脱毛のやり方2・シェービング用のジェルやクリームを塗布する

長い毛を切り取ったら次に行うことは、潤滑のために石鹸ではなく必ず『シェービング用のジェル・クリーム』を塗布するようにしてください。

シェービング用のジェルやクリームを塗布した後、カミソリを使うことで肌トラブルを防ぐことが期待できます。

お風呂でボディーソープや石鹼で体を洗うついでに、カミソリで除毛するという方が多いのではないでしょうか?

しかし、カミソリで自己処理をする際に、ボディーソープや石鹼を潤滑剤として使うのはおすすめしません。

というのも、カミソリは肌表面の角質を削りながらムダ毛を剃るので、新しい角質がむき出しになったところにボディーソープや石鹼の刺激は強すぎてしまい、カミソリ負けなどの肌トラブルになりやすいからです。

石けんの代わりに、潤滑剤としてシェービング用のジェルやクリームを使いましょう。

シェービング用のジェルやクリームは、肌を保護する保湿成分や美容成分が配合されているので、新しい角質でも刺激が少なく、自己処理後の肌を健やかに保つことが期待できるのです。

カミソリでセルフ脱毛のやり方3・毛流れに剃って優しく剃る

潤滑剤に『シェービング用ジェル・クリーム』をつけ終わったら、毛流れに剃って優しく剃りましょう。

カミソリで自己処理をする時に、毛の流れに逆らって剃った方がキレイに剃れると思って逆剃りをしていませんか?

逆剃りは『ムダ毛の根本からしっかり剃ることができる』というメリットはありますが、実は肌への負担が大きい剃り方なのです。

シェービングの基本は『毛の流れにそってやさしく剃ること』

毛の流れにそって剃れば肌への負担が少ないのですが、毛の根本から剃りにくいということもあります。

そんな時は、カミソリを持っていない方の手を使って、シェービングする場所にハリを持たせると毛が立って根本から剃りやすくなります。

特に肌がたるんでいるところをたるんだままカミソリを滑らせてしまうと、カミソリで肌に傷を付けてしまうこともあります。

たるんでいるところは、指で伸ばしてハリを作ってからカミソリで剃るようにしましょう。

カミソリでセルフ脱毛のやり方4・I,Oラインは無理に処理しない

カミソリでセルフ脱毛をする時のポイントは『I,Oラインは無理に処理しない』こと。

カミソリは肌の角質を削ってしまったり、傷を付けてしまうことがあるので、特にデリケートなIライン、Oラインの自己処理に使うには不向きです。

無理してカミソリでIライン、Oラインをシェービングせずに、肌にやさしい顔剃り用のI字の電気シェーバーの使用をおすすめします。

それでもOラインの自己処理は、無理して行わない方が良いでしょう。

I字の電気シェーバーは肌を傷付けにくいので、脱毛サロンや医療脱毛でも推奨されています。

Iラインは鏡で見ながら自己処理ができますが、Oラインは自分では手が届きにくく、肌のたるみも多い部分で難易度はMAX!

脱毛サロンでもOラインは自己処理を勧めていない所が多くあり、スタッフによるシェービングサービスをしてくれるのです。

カミソリでセルフ脱毛の注意点・使用したカミソリは洗って清潔な場所で保管する

カミソリでセルフ脱毛をする時の注意点は、『使用したカミソリは洗って清潔な場所で保管する』です。

カミソリはお風呂で使うという方も多いと思います。

保管する時はどこで保管していますか?

濡れたままお風呂に置きっぱなしではないですか?

カミソリを濡れたままにしておくと、雑菌が繁殖する原因となってしまうのです。

カミソリでの自己処理は、肌の表面の角質を削るのでデリケートな新しい角質が出てきます。

デリケートな角質に雑菌が繁殖しているカミソリが触れたら、炎症を引き起こす原因になります。

また、雑菌が繫殖したカミソリで肌を傷付けてしまった場合でも、傷口から雑菌が入り炎症を引き起こすきっかけとなるのです。

【カミソリを使用した後】

⇒流水または、洗面器などに張った水の中でバシャバシャと洗う⇒刃と刃の間に詰まった汚れをキレイに洗い流す⇒水分を振り切って乾燥した場所で保管するようにしましょう。

VIOセルフ脱毛2・ヒートカッター

 

ヒートカッターのメリット・安全、火傷の心配がない、チクチク感がない仕上がりになる

ヒートカッターのメリット
  • 安全
  • 火傷の心配が少ない
  • 仕上がりがチクチクしない

ヒートカッターは熱線がコームの内部に入っている安全設計です。

そのため肌に熱線が直接触れにくいので、火傷の心配が少ないというメリットがあります。

ハサミやカミソリで毛をカットすると毛先がとがってしまうので、肌に毛先が触れた時、チクチクとした不快感がある肌触りになります。

短くても毛先がとがっているので、水着や下着を突っ切ってしまってプールで恥ずかしい思いをしたという方もいるのではないでしょうか?

ヒートカッターは熱で毛を焼き切るため、カット面が丸くなります。

そのため肌に触れてもチクチクした肌触りにならず、毛が水着や下着を突っ切ってしまう心配はありません。

ヒートカッターのデメリット・ツルツルの無毛にはできない、シェーバーとの併用が必要

ヒートカッターのデメリット
  • ツルツルにはできない
  • シェーバーとの併用が必要

ヒートカッターは製品によって多少の違いがあるものの、ヒートカッターでカットした後の毛の長さが最短で7mm~10mmとなっています。

安全のため、7mmよりも短く毛をカットすることができない!というデメリットがあります。

ヒートカッターでは、Iラインの幅を狭くしたり、Vラインの下着からはみ出る部分をムダ毛を生えなくさせてツルツルにするといった使い方はできないのです。

ムダ毛がないツルツルの肌にするためには、シェーバーとの併用が必須となります。

ヒートカッターはカット面が丸くなるというメリットを活かして、Vラインの形を整える場合に使うことをおすすめします。

ヒートカッターでセルフ脱毛のやり方1・電源が入っていないヒートカッターのコームで毛をとかす

ヒートカッターでセルフ脱毛のやり方1は、『電源が入っていないヒートカッターのコームで毛をとかす』

Vラインの毛が長い場合、アンダーラインの毛が絡まってしまってコームが通らない場合があります。

また、ムダ毛が絡んだ状態でヒートカッターを使うと、故障の原因になってしまうこともあるのです。

ヒートカッターはコームと一体になっているので、電源を切った状態で絡んでいる毛をコームでとかしてスムーズにカットできるようにしましょう。

ヒートカッターを使う時は、アンダーヘアが清潔であることが望ましいです。ウェットティシュやタオルで拭くか、シャワーを浴びて清潔にしてからヒートカッターを使うようにしましょう。

毛が濡れた状態でヒートカッターを使うことができません。

しっかりとアンダーヘア乾かしてから使うようにして下さい。

ヒートカッターでセルフ脱毛のやり方2・処理したい部分にコームを通して少しずつカットする

ヒートカッターでセルフ脱毛のやり方2は、『処理したい部分にコームを通して少しずつカットする』です。

Vラインを処理する時は、椅子に座った状態で行うと体制が安定するのでやりやくすなります。

Iラインは見えにくい部分なので、鏡に映しながらカットするようにしましょう。

ヒートカッターは電動の物なので、お風呂や脱衣場など湿気があると感電してしまったり故障の原因となるので、水分に濡れる心配がない明るい部屋で使うようにして下さい。

10本くらいまとめてコームに通して、少しずつカットしていきます。

始めから短くカットするのではなく、仕上がりイメージよりも少し長めにカットをしてから微調整を行うとキレイにカットすることができますよ。

ヒートカッターでセルフ脱毛のやり方3・ツルツルにしたい場合はヒートカッターの後にシェーバーを使う

ヒートカッターでセルフ脱毛のやり方3は、『ツルツルにしたい場合はヒートカッターの後にシェーバーを使う』です。

ヒートカッターでできることは、最短で7mmまで毛をカットすること。

アンダーヘアをツルツルまで処理したい場合には、ヒートカッターだけではできないので、ヒートカッターである程度毛を短くした後、電気シェーバーを使いましょう。

脱毛サロンや家庭用脱毛器などで脱毛を行う場合、2日前から前日までに電気シェーバーでのシェービングが必須となります。

Vラインの場合、毛が長いので、いきなり電気シェーバーで処理すると毛が絡まってしまっうので、あらかじめ短く毛をカットしてからシェービングを行います。

最終的に電気シェーバーで剃るので、ヒートカッターを使う必要を感じないようであればハサミを使った方が素早く短くすることができますよ。

ヒートカッターの注意点・慣れないうちは毛を長めにカットする

ヒートカッターの注意点1は、『慣れないうちは毛を長めにカットする』です。

ヒートカッターは、電気シェーバーのようにツルツルになるまで毛を短くカットすることができないので、アンダーヘアの形を整える用途で使う方が多いのではないでしょうか。

いきなり短くカットしてしまうと、失敗して思うようなデザインにできない場合があるので、始めは長めにカットをして徐々に短くカットすると、失敗が少なくキレイな形を作ることができます。

自分で前髪をカットする場合、一気にバッサリと短くカットすることはしないですよね?

少しずつ長さを見ながら好みの長さになるまでカットしていくと、キレイに形を作ることができます。

アンダーヘアのデザインの同様に、少しずつカットしていき長さを整えるようにしましょう。

ヒートカッターの注意点・少しずつコームに通す。一度にカットしない

ヒートカッターの注意点2は、『少しずつコームに通す。一度にカットしない』

ヒートカッターが一度にカットできる毛の本数は、アンダーヘアの場合5~10本ほど。

そのため、少しずつコームに通してカットしていく必要があります。

一度に多くの毛を通しても熱がうまく伝わらずカットできなかったり、本体に毛が挟まってしまって処理できないというのがあるので、一度にカットしないようにしましょう。

Vラインの毛の量は多いので、多くても1度に10本程度しかカットできないため、処理に時間がかかるといのが一番のデメリットです。

処理の時間は毛の量や範囲によっても異なりますが、毛の量が多い人の場合には1時間ほどかかる場合もあります。

VIOセルフ脱毛3・電気シェーバー

 

電気シェーバーのメリット・肌への負担がほとんどない

電気シェーバーのメリット

肌への負担がほとんどない

電気シェーバーは、内蔵した内刃でムダ毛をカットする方式で除毛をしていきます。

そのため、カミソリのように肌の上を直接刃を密着させて滑らせて、肌表面の角質層も削り取ってしまうような負担はありません。

なので、脱毛の自己処理に電気シェーバーを使うことを脱毛サロンで勧められるのです。

電気シェーバーと言えば、男性の髭剃りを思い出す方も多いのではないでしょうか?

髭は毎日生えてしまうし、太くて目立つので毎日剃るという方が多いのですが、毎日剃っても肌への負担が軽くなるよう、電気シェーバーを使う男性も多いです。

男性の髭剃り用の電気シェーバーは刃がある面積が広くなっていますが、女性のVIO専用の電気シェーバーは刃がある部分の面積が狭くなっているので、細かい部分も剃りやすいのです。

I字の形をした顔剃り用の電気シェーバーでも、ヘッドが小さくて小回りが利くのでVIOのセルフ脱毛に最適です。

電気シェーバーのデメリット・カミソリに比べて高額

電気シェーバーのデメリット

カミソリに比べて高額

電気シェーバーは、カミソリよりも肌に優しいのですが、カミソリよりも高額というデメリットがあります。

カミソリは100円ショップでも売っているのですが、電気シェーバーは安くても1,000円~3,000円ほどします。

VIOのセルフ脱毛をする時には、顔用の電気シェーバーを使っても良いのですが、VIO専用の電気シェーバーの方がお得です。

顔用の電気シェーバーはヘッドの切り替えができないタイプの多いのですが、VIO専用シェーバーは、1つの本体で用途に応じた複数のヘッドが切り替えられるタイプの商品もあります。

複数のヘッド付でも、3000円ほどで購入できるのでお得ですよ。

電気シェーバーでセルフ脱毛のやり方1・毛が乾いた状態で行う

電動シェーバーを使ったセルフ脱毛のやり方1、『毛が乾いた状態で行う』です。

脱毛サロンで勧められる顔用の電気シェーバーを使ってセルフ脱毛する場合には、毛が乾いた状態で剃るようにしましょう。

顔用の電気シェーバーは、防水ではない物が多いので、毛が濡れている状態だと故障の原因になってしまうことがあるからです。

VIOをセルフ脱毛する際には、洗ったりウェットティッシュで拭くなどして、皮脂や汚れを落として清潔にしてから行うようにしましょう。

お風呂上りなど、ある程度毛が蒸されて柔らかい状態だと剃りやすくなりますよ。

毛を柔らかくするポイント

お風呂上りではない場合、濡らしたタオルを20秒ほど電子レンジで温めます。蒸しタオルを作り、VIOの毛を少し蒸らすと毛が柔らかくなるのでおすすめです。

電気シェーバーでセルフ脱毛のやり方2・外刃(ネット刃)にムダ毛を入れる

電動シェーバーを使ったセルフ脱毛のやり方2、『外刃(ネット刃)にムダ毛を入れる』です。

電気シェーバーは安全のため刃がネットの中に付いている商品もあるので、ネットの中にムダ毛を入れると毛をカットすることができます。

ネット刃は、短い毛を剃り残しなく剃るのに適した形状をしています。

毛が3㎝以上ある場合は、ハサミなどで短くカットして後、ネット刃を使って仕上げをするようにしましょう。

ネットが付いている電気シェーバーは、刃を直接肌を滑らせて剃るということはありません。

ネットを肌の上で滑られながら剃ることができるので、肌を傷付けることなく、安全にムダ毛を剃ることができます。

顔剃り用のI字の電気シェーバーはネットは付いていませんが、刃が直接肌に触れない形状になっているので、肌にやさしい剃り心地となっています。

電気シェーバーでセルフ脱毛のやり方3・シェーバーは垂直に当ててゆっくり撫でるように滑らせる

電動シェーバーを使ったセルフ脱毛のやり方2、『シェーバーは垂直に当ててゆっくり撫でるように滑らせる』です。

ネット刃が付いている、電気シェーバーを使ってシェービングを行う時は、肌に対して垂直に当てて撫でるように滑らせましょう。

電気シェーバーは、カミソリのように深剃りはできません。

深く剃りたいために強く押し付けたり、何度も同じ部分を往復してしまうと肌を傷付ける場合もあるので、強く押し当てたりすることがないようにしましょう。

I字の電気シェーバーの場合には垂直だと剃りにくいので、肌に対して斜め45度に当てて撫でるように肌の上を滑らせながらシェービングを行って下さい。

肌にたるみがあると上手く剃れないので、指で肌をピンと伸ばしながら電動シェーバーを動かすと剃りやすいですよ。

電気シェーバーの注意点・防水タイプ以外はお風呂で使用しない

電気シェーバーを使う時の注意点1つ目は、『防水タイプ以外はお風呂で使用しない』です。

シェービングをすると毛が散らかるので、後処理が楽なようにお風呂でシェービングをするという方も多いでしょう。

カミソリは防水なのでお風呂で使っても良いのですが、電気シェーバーの場合には、防水の商品と防水にではない商品があるものです。

防水ではない商品は、お風呂で使用してしまうと故障の原因となるので、お風呂で使用しないようにしましょう。

VIO専用の電気シェーバーは、防水仕様の商品も多くお風呂での使用ができますが、顔用の電気シェーバーは、防水ではない商品も多くあります。

防水ではない商品はヘッドを取り外して水洗いはできますが、本体を水に濡らすと故障の原因になるので、本体が水に濡れない明るい部屋でお手入れをしましょう。

電気シェーバーの注意点・事前に長い毛は短くカットしておく

電気シェーバーの使う時注意点2つ目は、『事前に長い毛は短くカットしておく』です。

VIOの中で、Vラインは特に長い毛が生えている部分。

Vラインのように3㎝以上の長い毛に対して電気シェーバーを使った場合、電気シェーバーに毛が絡まってしまい、故障や肌トラブルの原因になります。

事前に長い毛を短くカットしてから、電気シェーバーを使うようにして下さい。

ハサミでカットする場合には、先が丸い『鼻毛切り用』や『赤ちゃん用の爪切りハサミ』などを使うと安全にカットすることができますよ。

VIO専用の電気シェーバーの中には、長い毛用のヘッドがある商品もあります。

長い毛用のヘッドがある場合には、専用のヘッドに切り替えて事前に長い毛を短くカットしておきましょう。

VIOセルフ脱毛4・除毛クリーム

 

除毛クリームのメリット・広範囲を一度で処理できる

除毛クリームのメリット

広範囲を一度に処理できる

電気シェーバーだと、肌への負担を少なくムダ毛処理ができるというメリットがあります。

しかし、一度に処理できる面積が狭いので、面積が広い脚や腕といった部分のシェービングには時間がかかるというデメリットもあります。

一方、除毛クリームは、クリーム状になっているので、すねや腕などの広い範囲に塗って一度に処理できるというメリットがあるのです。

除毛クリームは、毛の主成分であるタンパク質を溶かす成分により除毛を行います。

毛が長い部分にも使えるので、すね毛が気になる男性にもおすすめです。

除毛クリームの使い方はいたって簡単!

除毛クリームの使い方
  1. 毛が気になる部分の毛を覆うように肌全体に塗る
  2. 指定された時間放置
  3. スポンジなどを使って肌に塗った除毛クリームを拭う
  4. ムダ毛処理後に残った除毛クリームをお風呂で洗い流す

除毛クリームによって溶かされたムダ毛が、するすると抜けて落ちます。

除毛クリームのデメリット・VIOへの使用不可の商品が多い

除毛クリームのデメリット

VIOへの使用不可の商品が多い

除毛クリームは肌に直接塗って毛を溶かして除毛するので、商品によっては肌への負担が大きく敏感肌の方は肌荒れを起こしてしまう場合があります。

そのため、デリケートゾーンへの使用不可の商品がほとんどです。

除毛クリームの中には、敏感肌の方でも使用できる肌にやさしい商品や、薬用の商品もあります。

肌にやさしい商品でも、デリケートゾーンへの使用は不可の商品が多いのです。

特にIライン、Oラインは粘膜に近い部分のため、肌トラブルになりやすいため、除毛クリームでのセルフ脱毛はおすすめしません。

除毛クリームの中にはVラインOKの商品はあります。

使用する場合には、使用可能な部位かを確認し、肌トラブルにならないように気を付けて使うようにしましょう。

除毛クリームでセルフ脱毛のやり方1・処理する部分は清潔にして、肌が乾いた状態で行う

除毛クリームでセルフ脱毛のやり方1は、『処理する部分は清潔にして、肌が乾いた状態で行う』です。

除毛クリームは清潔な乾いた肌に塗るようにしましょう。

汗や皮脂の汚れが気になる場合には除毛クリームを使用する前にウェットシートで拭くか、石けんなどで汚れを洗い流してから使うようにしましょう。

洗い流した後はタオルで水分をしっかりと拭き取ってから除毛クリームを塗るようにして下さい。

除毛クリームが肌に合わない場合もあるので、初めて使う時はパッチテストをして肌に異常がないことを確認してから使うようにしましょう。

【パッチテストのやり方]

  1. 10円玉大の量お除毛部分に塗る
  2. 商品に定められている時間放置してから良く洗い流す
  3. 48時間ほど経過を観察し、肌に赤みやかゆみなどの異常がないことを確認する

除毛クリームでセルフ脱毛のやり方2・処理する部分にスポンジなどで塗布する

除毛クリームでセルフ脱毛のやり方2は、『処理する部分にスポンジなどで塗布する』です。

除毛クリームの使い方で一番重要なのが塗り方

以下のポイントを押さえておくことで、効果的な除毛が期待できます。

  1.  肌に何もつけていない清潔な乾いた肌に塗るようにする。
  2. 除毛クリームを塗る量は多め
  3. 毛が見えなくなるまで1mm~3mmほどの厚さで均等に塗る
  4. 毛が長い場合には短くカットしておくと除毛しやすい

前述したように、除毛クリームは乾いた清潔な肌に塗るようにして下さい。

除毛クリームの塗る量はケチらずにたっぷりと使います。

スポンジやヘラを使って、1mm~3mmほどの厚さになるようにして毛が見えなくなるまで均等に塗りましょう。

毛の根本が、除毛クリームで覆われるようにして下さい。

除毛クリームでセルフ脱毛のやり方3・記載の放置時間を置き、スポンジなどで拭き取る

除毛クリームでセルフ脱毛のやり方3は、『記載の放置時間を置き、スポンジなどで拭き取る』です。

除毛クリームを肌に塗り広げたら、毛が溶けて抜けやすくなるようにしばらく放置します。

放置時間は製品によってことなるので、説明書やパッケージに記載されている放置時間に従って下さい。

放置時間は製品によって異なりますが、大体5分~10分ほどです。

のちほど洗い流すのでお風呂で使うという方も多いと思います。

冬だと放置している時間寒いので、除毛クリームを使うのは夏場の方が適してますね。

放置時間が経過した後は、スポンジやコットンなどを使って除毛クリームを拭き取って下さい。

この時、除毛クリームと一緒に毛もスルスルと抜けて行くので、スポンジやコットンでこすりながら拭き取ると抜けやすくなりますよ。

除毛クリームでセルフ脱毛のやり方4・ぬるま湯で洗い流す

除毛クリームでセルフ脱毛のやり方4は、『ぬるま湯で洗い流す』です。

ある程度、除毛クリームをコットンやスポンジで拭き取った後は、シャワーで残った除毛クリームをしっかりと洗い流してください。

除毛クリームが肌に残っていると肌トラブルの原因となるので、洗い残しがないように注意して下さい。

洗い流した後はタオルで軽く拭い下さい。

除毛後の肌は乾燥しています。

そのままの状態にしておくとかゆみなどの肌トラブルの原因となることがあるので、乾燥を防ぐためにクリームなどでしっかりと保湿しましょう。

除毛後は肌がデリケートな状態になっているので、紫外線を避けたり、日焼け止めや制汗剤など肌に負担になるものは塗らないように避けてください。

除毛クリームの中には保湿成分や美容成分が配合されているものもあり、肌を守りながら除毛ができる商品もありますよ。

除毛クリームの注意点・敏感肌の人は肌に合わない場合がある

除毛クリームの注意点1つ目は、『敏感肌の人は肌に合わない場合がある』です。

除毛クリームは肌に直接塗ってムダ毛処理を行うので、特に敏感肌の方の場合には、除毛クリームの成分が肌に合わず、赤くなってしまったり、かゆみがでてしまうこともあります。

しかし、敏感肌の方は除毛クリームを使えないということはなく、商品によっては、低刺激の商品や肌を守るための成分が配合されている商品もあり、『敏感肌の方でも使用可能』と記載がある商品もあるのです。

敏感肌の方は例え、『敏感肌の方でも使用可能』とうたわれている商品だとしても体質的に肌に合わない成分が入っている場合もあるでしょう。

事前にパッチテストをして、かゆみや赤みといった肌トラブルが起きないことを確認してから使うようにしましょう。

除毛クリームの注意点・独特な匂いが苦手な場合がある

除毛クリームの注意点2つ目は、『独特な匂いが苦手な場合がある』です。

除毛クリームは毛のタンパク質を溶かす成分『チオグリコール酸カルシウム』が有効成分として配合されています。

除毛クリーム特有の硫黄のような、パーマ液のような嫌なニオイは、このチオグリコール酸カルシウムによるものなのです。

チオグリコール酸カルシウムは、除毛クリームの肝となる成分であるので、除毛クリームには必ずと言ってよいほど配合されているのです。

しかし、除毛クリームの中には、ニオイの元となるチオグリコール酸カルシウムが少ない商品や、嫌なニオイを吸着する成分や香料が配合されている商品もあります。

除毛クリーム特有のニオイが気になる場合には、ニオイ対策が施されている商品を選ぶようにすると快適に使用できますよ。

VIOセルフ脱毛5・ブラジリアンワックス

 

ブラジリアンワックスのメリット・一度に広範囲の処理ができる、無毛の状態になる

ブラジリアンワックスは、欧米を中心にに人気のある脱毛法です。

はちみつや砂糖など天然素材がベースとなるワックスを使い、毛を毛根から引き抜いて処理します。

特にデリケートゾーンの脱毛に人気です。

脇・顔など全身の脱毛に使え、VIOの粘膜に近い部分にも使えます。

ブラジアンワックスのメリット
  1. 一気に広範囲に処理ができる
  2. 脱毛直後からツルツルに
  3. 古い角質や産毛も処理が可能
  4. 粘膜に近いVIO・脇・顔など全身の脱毛が可能

脱毛できず困る部位でも、ブラジリアンワックスならお手入れができます。

例えば、鼻毛のワックス脱毛は有名な話。

無毛状態だって可能です!

ブラジリアンワックスのデメリット・痛みが強い、肌が乾燥する

ブラジリアンワックスは固めて皮膚から剥がします。

個人差もありますが、お肌への負担が大きく、毛を一気に抜くので強い痛みを感じるもの。

脱毛後には肌が赤くなったり、ひりつきを感じるので注意が必要となります。

ブラジリアンワックスは痛みに強い人、急な脱毛が必要な場合のみの使用がおすすめです。

ブラジリアンワックスでセルフ脱毛のやり方1・処理する部分は清潔にして、肌が乾いた状態で行う

ブラジリアンワックスの使用方法は、お肌を清潔にし肌が濡れていない状態で行う必要があります。

冬はブラジリアンワックスが固まっていることもありますので、湯せんで少し温めて使用するといいでしょう。

反対に、暖房で部屋が暑すぎことがあると、トロトロになっていることもあります。

その場合は、冷蔵庫で少し冷やすといいでしょう。

ブラジリアンワックスの粘度は、持ち上げた時に少しずつ垂れる程度がベストです。

お風呂で湿気がある状態だと調節しにくいですので、最低でもお風呂の最中はやめましょう。

バスルームで使うのはOKですが、肌が濡れていない状態で行うことです。

ブラジリアンワックスでセルフ脱毛のやり方2・付属のヘラで処理する箇所に厚め(1~2㎜)に塗布する

ブラジリアンワックスは、毛の流れと同じ方向に塗っていきます。

『毛の流れと同じ方向に』というのが非常に重要です。

また、厚さは1~2mmを目安にするといいでしょう。

パンにバターを塗るようにグルグル渦巻状に塗りましょう。

これをすると、ワックスの中に毛を全て取り込むことができます。

ブラジリアンワックスでセルフ脱毛のやり方3・専用のシートを密着させたらすぐに一気に剥がす

ブラジリアンワックスを肌に塗ったら、専用のシートをワックスに密着させて下さい。

ハードワックスの場合、ワックスが固まるまで待ち、十分に固まったことを確認したらすぐ、一気にシートをはがすようにしましょう。

ワックスをはがす時は、皮膚を手で押さえて毛の流れと逆方向にはがすと、皮膚が引っ張られずにキレイにはがすことができます。

ゆっくりはがすと毛が抜けにくくなるので、『素早く一気に』というのがポイントです。

怪我した時に絆創膏を貼りますよね。

絆創膏を貼り替えるとき、はがすのは痛いですが、ゆっくりはがすよりも一気にはがした方が痛みが一瞬になるのと同じ。

痛みを少なくするためには、素早く一気にはがすことが大事です。

ブラジリアンワックスのセルフ脱毛のやり方4・処理後は鎮静・保湿をする

ブラジリアンワックスで脱毛をした後は、毛穴が開き肌が乾燥しやすい状態となっています。

また、かゆみや痛みがある場合もあるでしょう。

処理後は肌を鎮静化させるため、冷たいタオルや保冷剤で脱毛部位を冷やします。

肌が鎮静されたら、肌の乾燥を防ぐために、しっかりとローションやクリームで保湿をするようにしましょう。

アルコール不使用のものや、ワセリンといった肌への刺激が少ない保湿剤を使うようにして下さい。

ブラジリアンワックス脱毛後の肌は、とてもデリケートな状態になっています。

そのため、雑菌が毛穴から入らないよう、湯舟に浸かることや、タオルでゴシゴシ洗ったりすることは避けるようにして下さい。

汗をかく運動や、日焼けをすることもNGなので、注意しましょう。

ブラジリアンワックスの注意点・毛の長さ(1㎝ほど)がある状態で行う

ブラジリアンワックス脱毛は、ワックスに毛がしっかりと絡むように毛の長さが1㎝以上あることが望ましいです。

毛の長さが1㎝以上ない場合には、伸ばしてから行うようにしましょう。

ワックスをすくった時に伸びが悪く固いと塗りにくく、はがしにくいので、ワックスをすくった時に伸びるくらいにしておくことが重要です。

ワックスは固すぎると塗りにくく、塗る際も剥がす際も痛みが強く出てしまう可能性があります。

脱毛箇所に汚れ、油分、水分があるとワックスの定着が悪くなり、脱毛効果が十分に発揮されません。

ブラジリアンワックス脱毛を行う前には、脱毛部分を洗い流すなどして清潔にし、水分をしっかりと拭き取ってから行うようにしましょう。

ブラジリアンワックスの注意点・肌への刺激や痛みが強いので肌の状態が悪い時は行わない

ブラジリアンワックス脱毛は、ワックスに毛を絡ませて一気にムダ毛を抜き取る脱毛法。

そのため、ワックスをはがす際に強い痛みが生じたり、肌への刺激が大きいというデメリットがあります。

生理前や生理中、体調不良、妊娠中など普段よりも肌状態が悪い時には肌トラブルの原因に!また、敏感肌の方やアトピーの方や肌に何かしらの異常がある方も、肌へ負担が大きいのでブラジリアンワックス脱毛は行わないようにして下さい。

日頃からカミソリを使ってシェービングしている方は、毛根が強くなっている場合があるので、ワックスでは抜けにくい場合があります。

カミソリで自己処理をしている方は、光脱毛をおすすめします。

最近は自宅で気軽にできる家庭用脱毛器が人気です。

家庭用脱毛器について解説していきますね。

VIOセルフ脱毛6・家庭用脱毛器

 

家庭用脱毛器のメリット・サロン級のハイパワーで脱毛効果が高い

家庭用脱毛器の多くは、脱毛サロンで使われているIPL方式が採用されていて、サロン級のハイパワーなんです。

IPL脱毛とは光(フラッシュ)脱毛の一種類です。その他にSSC脱毛・SHR脱毛があります。

多くの脱毛サロンで採用されているIPL方式は、照射パワーが強いほど脱毛効果が高いとされています。

照射パワーが弱いよりも強い方が、より毛根にダメージを与えることができるので、照射回数を抑えることが可能です。

家庭用脱毛器は素人が使うものなので、安全のため脱毛サロンで使われている脱毛器よりはパワーが弱いのですが、脱毛サロンに近い照射パワーの家庭用脱毛器もあります。

口コミで人気の家庭用脱毛器は、照射パワーが強く効果が高いというということも人気の理由の一つになっています。

家庭用脱毛器のデメリット・パワーが強い機種は高額なものが多い

照射パワーが強く出力数が強い家庭用脱毛器の機種は、高額なものが多い傾向があります。

家庭用脱毛器は、脱毛サロンや脱毛エステと比べると照射パワーが弱いため、その分価格は安価です。

おすすめの家庭用脱毛器:価格&照射パワー
商品名 本体価格 照射パワー 照射回数
ケノン 69,800円(税込み) 非公開(コンデンサが4個付いている) 300万発
脱毛ラボホームエディション 28,185円(税込み 2.9J/㎠ 30万発
LAVIE 59,180円(税込み) 6.7J/c㎡ 5,000回
シルクエキスパートPro 49,302円(税込み) 6.0J/c㎡ 40万発
レイボーテR 66,664円(税込) 非公開 約25万発
スムーズスキン bare 18,938円(税込) 非公開 100万発
エピレタ 11,800円(税込) 非公開 37万発
トリア(レーザー方式) 48,000円(税込) 22J/c㎡ 無制限

 

この中で一番値段が高いのは、家庭用脱毛器はケノンです。

ケノンの照射パワーは非公開なのですが、コンデンサが4個付いているので照射パワーが強いということが考えられます。

IPL方式の家庭用脱毛器は、照射回数に制限があります。

ケノンは高額ですが、照射回数は300万発ととても多くの照射を行うことができます。

カートリッジ交換式なので、照射回数がなくなったらカートリッジを交換するだけでまた使うことができるのです。

照射パワーが強い家庭用脱毛器ほど脱毛頻度が低くなるので、照射回数を抑えることができます。

パワーが強く高額だからと言っても、照射回数が多く効果が高ければ、長い目で見たらお得なのではないでしょうか。

家庭用脱毛器でセルフ脱毛のやり方1・事前に処理する部分をシェービングする

家庭用脱毛器を使用する上で一番最初に行うことは、『事前に脱毛部分をシェービングをする』ことです。

事前にシェービングを行うことで火傷などの肌トラブルを防ぎ、脱毛効果を高めることができます。

家庭用脱毛器は、『IPL方式』と『レーザー方式』の2種類の商品がありますが、どちらも毛の中のメラニン色素に反応をし熱を発します。

照射を行う時に毛穴から長くムダ毛が生えていると、家庭用脱毛器の光がムダ毛に反応してしまい、毛根にダメージを与えることができなくなるので、脱毛効果が下がってしまいます。

また、家庭用脱毛器で熱せられたムダ毛が、肌に触れることで火傷になる場合もあるのです。

家庭用脱毛器使用前のシェービングは、肌にやさしい顔剃り用の電動シェーバーを使うようにしましょう。

家庭用脱毛器でセルフ脱毛のやり方2・シェービング用のジェルやローションを塗布する

家庭用脱毛器でセルフ脱毛する前に、照射部のシェービングが必要になります。

電気シェーバーを使う場合には、肌が乾いた状態でのシェービングが可能です。

カミソリを使う場合には、肌を傷つけないようにシェービング用のジェルやローションを塗布してからシェービング行いましょう。

カミソリでシェービングを行う場合、お風呂で石けんやボディーソープを塗った肌にシェービングをする方が多いものですが、シェービングジェルやローションを使った方が肌がしっとりすべすべになることが期待できます。

シェービングジェルやローションというと男性の髭剃り前に塗布するものを想像していませんか?

実は、女性のボディ用に、ムダ毛を剃るためのシェービングジェルやローションも販売されているんです。

女性向けのシェービングジェルやローションには、保湿成分や美容成分が含まれている商品が多く、肌を健やかに整えながらシェービングができます。

そのため、シェービング後の肌がしっとりツルツルになることが期待できるのです。

家庭用脱毛器でセルフ脱毛のやり方3・冷却機能がない機種は保冷剤などで冷やしながら行う

家庭用脱毛器でセルフ脱毛のポイントは、『冷却機能がない機種は保冷剤などで冷やしながら行う』ことです。

家庭用脱毛器で照射を行うことで、照射の熱で肌に負担がかかり、痛みや炎症を引き起こすことがあります。

痛みや炎症を抑えるために、照射前後の冷却がとても大事になるのです。

照射前に照射部を肌の感覚がなくなるくらいまで冷やすことで痛みを軽減することができます。

また、照射後は炎症や火傷のリスクを抑えるために、照射部分を冷やす必要があります。

冷却時間は?

10秒程度が目安です。

家庭用脱毛器の中には、照射口の周りに冷却機能が付いていて、冷却しながら照射が可能な商品もあります。

しかし、冷却機能がない商品もあるので、冷却機能がない場合は、保冷剤で照射部分を冷やしながら照射を行うようにしましょう。

家庭用脱毛器でセルフ脱毛のやり方4・慣れるまでは照射レベルを弱く設定する

家庭用脱毛器でセルフ脱毛をする時のポイントは『慣れるまでは照射レベルを弱く設定する』ことです。

VIOの場合、脱毛を始めたばかりの頃は、メラニン色素が多い太い毛が生えています。

家庭用脱毛器の光はメラニン色素に反応するので、細い毛と太い毛であれば、太い毛の方がより強く反応し痛みが感じやすく、炎症にもなりやすいのです。

照射レベルは高い方が脱毛効果が高いのですが、初めて照射を行う場所にいきなり高いレべルで照射をしてしまうと肌トラブルの原因となってしまいます。

初めから高いレベルで照射をすると大変危険で、火傷や炎症を起こし、時間が経つとシミやあざのようになってしまい、照射ができなくなってしまいます。

そのため、初めて照射を行う場所は照射レベル1から始め、徐々にレベルを上げて行くようにしましょう。

4回から6回セルフ脱毛を繰り替えることで、細い毛が生えるようになります。

細い毛になってきたら、照射レベルを上げて脱毛効果を高めるようにすればよいのです。

少しでも強く痛みを感じたら、無理せずにレベルを下げるようにしましょう。

家庭用脱毛器でセルフ脱毛のやり方5・指定の速度で照射をする

家庭用脱毛器で守ってもらいたい注意事項は、『指定の速度で照射をする』ことです。

家庭用脱毛器は、安全のために照射面と肌が密着していない場合は、照射ができないようになっています。

照射可能であれば、『ピッピッピー』のような電子音が鳴るので、音を合図に照射ボタンを押して下さい。

家庭用脱毛器の商品によって、照射ボタンを1回押すと1発だけ照射を行う『単発モード』と、連続で照射ができる『連射モード』がある場合があるのです。

単発モードは、1回の照射ごとに充電が行われるので、充電が完了するまで次の照射まで待って照射する必要があります。

連射ができる場合は、脱毛器の照射スピードに合わせて次の場所に動かすようにしましょう。

脱毛器を動かすスピードと照射のタイミングが合わないと、照射漏れができてしまい脱毛効果が下がってしまいます。

家庭用脱毛器を購入したら説明書をよく読んで、照射漏れにならないスピードで脱毛器を動かすようにしましょう。

家庭用脱毛器の注意点・事前のシェービングを忘れると痛みや肌トラブルの原因となる

家庭用脱毛器を使う上での注意点その1は、『事前のシェービングを忘れると痛みや肌トラブルの原因となる』ということです。

家庭用脱毛器は黒い物に反応し熱を発します。

照射前のシェービングを忘れて、毛穴からムダ毛が生えている状態で照射をしてしまうと、ムダ毛に反応し熱を帯びた状態になり、痛みや火傷と言った肌トラブルを引き起こす原因となります。

火傷をしてしまうと肌にシミやあざができてしまうため、治るまでの間、照射ができません。

また、ムダ毛が生えていると、家庭用脱毛器の光が毛根まで届かないので脱毛効果も下がってしまうのです。

脱毛サロンで脱毛を行う場合には、ムダ毛処理ができていない場合には照射をしなかったり、剃り残しはスタッフがシェービングを行ってくれるなどして安全に照射ができる体制を整えています。

しかし、家庭用脱毛器を使う場合は自分で剃り残しがないか、剃り忘れている部位はないかしっかりチェックをする必要があるのです。

見えにくい部分は鏡を使って剃り残しがないかチェックして、安全にセルフ脱毛を行うようにしましょう。

家庭用脱毛器の注意点・VIOは照射の痛みを感じやすいため照射前後に冷却をすると良い

家庭用脱毛器を使う上での注意点その2は、『VIOは照射の痛みを感じやすいため照射前後に冷却をすると良い』ということです。

VIOは他の部位と比較して肌が薄くデリケートなため、痛みを感じやすい部分です。

痛みを感じにくくするためには、照射前後に保冷剤などで照射部をしっかりと冷やすことが大事。

10秒ほど冷やすことで、神経が麻痺して痛みを感じにくくなるでしょう。

また、照射前後に冷やすことで、火傷や炎症といった肌トラブルを防ぐことができるのです。

家庭用脱毛器には脱毛器の照射口の周りに冷却機能が付いているタイプと冷却機能が付いていないタイプがあります。

冷却機能が付いている商品は、照射口を肌に密着させることで冷却ができます。

しかし、冷却機能が付いていない商品の場合には、ケーキを買うと貰える小さな保冷剤を使って肌を冷やしながら照射を行って下さい。

VIOのセルフ脱毛で注意すること/気を付けたいこと

セルフ VIO 脱毛

セルフVIO脱毛の注意点1・生理中や生理前はやめましょう

生理前の肌荒れに悩まされていませんか?

生理や妊娠という時期は、女性ホルモンである『プロゲステロン』が大量に分泌されます。

体や心の健康、美容にも深く関わるホルモンです。

この時期のホルモン量は、通常より10倍以上もともいわれるます。

このホルモンの影響で、紫外線によるシミも生成されやすく、お肌が敏感な時期なのです!

肌が敏感で乾燥しやすくなるので、刺激を与えるようなことはやめましょう。

また、生理中は鉄分不足になりがち!

鉄分不足によるコラーゲンの生成が促されなくなり、肌トラブルが起こりやすくなるため、サプリメントや食事で鉄分を補給するといいでしょう。

セルフVIO脱毛の注意点2・お手入れ後はしっかり保湿しましょう

脱毛後保湿のメリット
  1. 肌トラブルの予防ができる
  2. 肌がきれいになる

女性のお肌はデリケートです。

保湿を行わなければ、お肌のがカサカサや、粉を吹く、ピリピリした痛み出るとも考えられます。

人間は6~7割を水分で占めているほど、たくさんの水分を体内に保持している生き物です。

それだけ、肌の水分量が減ってしまうことは大きなリスクとなります。

肌の水分が減ることで『老化現象』が起こるのです。

ショーツの締め付け、こすれが原因で刺激になったりするため、脱毛後はぬるめのシャワー&しっかり保湿をしましょう。

アンダーヘアというのは、他部位のムダ毛と比較しても太く濃いため、肌へのダメージも大きくなるのです。

シャワー後は脱毛部位をタオルで刺激しないよう、優しく水分をふき取って下さい。

その後、しっかりと保湿を行いましょう。

VIOにおすすめの保湿

敏感肌用のローション、やわらかいクリームタイプで刺激の少ない保湿を選びましょう。

セルフVIO脱毛の注意点3・肌トラブルがあったらすぐに受診をしましょう

きれいになりたくて、セルフ脱毛をしたのはいいけれど、肌荒れをしてりまうなんてこともあるでしょう。

万が一、肌トラブルを起こしてしまったら、すぐに病院に受診をしましょう。

特に脇やデリケートゾーンに、多くの肌トラブルが起こりやすいといわれています。

例えば、脱毛後にニキビのような出来物ができてしまった。などということがありませんか?

それはニキビではなく、毛穴の奥に細菌が入り込むことで、毛嚢炎という炎症が起こっていることがあります。

酷い場合には、切開が必要となってしまう場合があるので、少しでも早く受診する必要があるのです。

セルフVIO脱毛の注意点4・肌質に合ったセルフ脱毛の方法を選びましょう

セルフ脱毛の方法
  1. カミソリ
  2. ヒートカッター
  3. 電気シェーバー
  4. 除毛クリーム
  5. ブラジリアンワックス
  6. 家庭用脱毛器

除毛を繰り返すことや、清潔ではない道具を使っていたり、肌のバリア機能が低下していると、肌トラブルの原因となってしまうことがあります。

ご自分の体質や肌質に合った、セルフ脱毛を選ぶことが大切です。

どの脱毛方法においても、事前にトラブルを回避するためにそれなりの理解が必要といえます。

  • リスクを知る
  • 正しい知識を付ける

セルフVIO脱毛の注意点5・I,Oラインの処理は危険があるため無理をしない

I,Oラインの特徴
  1. 皮膚の厚さに違いがある
  2. 柔らかい
  3. 粘膜との距離がある

I,Oラインは粘膜に近く非常に見えづらい部位ですので、無理をしないようにしましょう。

処理は慎重に行う必要があります。

処理時には必ず鏡を使ってくださいね。

Iライン処理のポイント

足を開いて座り、鏡でIラインがよく見えるよう、無理のない姿勢になることがポイントです。

カットは若干長めにすることがポイント。

ハサミの刃を粘膜の方に向けないよう、細心の注意を払いましょう。

Iラインは皮膚がやわらいですので、シェービングは皮膚を軽く引っ張りながら行うと処理がしやすいです。

Oライン処理のポイント

Oラインは自分では完全に見えない位置にあります。

VIOの中で自己処理の難易度の高い部位です。

鏡は必須で、指で毛を探りながらカットしましょう。

やはり粘膜が近いため、無理なカットは避けてください。

皮膚がやわらかく、凹凸が多い部位です。

シェービングは、皮膚を軽く引っ張りながら行うことがコツとなります。

I,Oラインの処理の仕方
  1. 鏡を前に置き、足を開いて座る
  2. ハサミでアンダーヘアを2~3cm程度の長さまでカット
  3. 電気シェーバーでシェービング

VIOセルフ脱毛におすすめの除毛クリーム

セルフ VIO 脱毛

VIOセルフ脱毛におすすめの除毛クリーム・moomo(ムーモ)/ヘルスアップ

商品名 Moomo(ムーモ)
会社名 株式会社ヘルスアップ
内容量 120g
価格 初回980円(税込)・送料無料(4回要継続)
用法 3日~1週間ごとの使用、塗って洗い流す
おすすめの成分 シア脂、ダイズエキス、シソエキス(1)

ムーモ 口コミムーモ公式

ムーモの特徴
  1. 高級シアバター、大豆エキス、シソエキスなどの美容成分がたっぷり配合
  2. トクトクコース初回86%off、2回目以降30%off
  3. 全国どこでも送料無料
  4. フランス産のラベンダーの香りが癒しのリラックスに
  5. 子供でも使用可能
  6. 男女兼用で剛毛でも使える
  7. 簡単最短5分でごっそり除毛

Moomo(ムーモ)は医薬部外品の除毛クリームで安心の日本製です。

楽天売上げランキング3部門堂々1位を獲得!

  1. 美容・コスメ・香水部門1位
  2. スキンケア部門1位
  3. その他部門1位

化粧品・サプリメントを取り扱う企業の商品で、品質管理が徹底された工場で製造されています。

ムーモには、医薬部外品指定の除毛有効成分『チオグリコール酸カルシウム』がたんぱく質を溶かし除毛するのですが、この成分はお肌にダメージを与えてしまいがち。

配合されている高級シアバターがお肌をしっかりまもります。

ムーモの特徴は『手軽さ・香り・成分』手軽に3ステップ除毛!ラベンダーの良い香り!美容成分配合!

今までの除毛クリームになかった『除毛&肌ケア&癒し』があります。

ムーモはインスタやTwitterなどのSNSでも大人気!

塗って流すだけで、お肌スッキリ!潤うお肌になるので、大変口コミ評価が高いのです。

脚などの剛毛をビフォーアフターが沢山投稿されていて、見ているだけでもスッキリする気分になり楽しい♡

らくらく簡単に除毛をしながら肌にうるおいを保ちたい、そんな欲張りな脱毛がしたいあなたに『ムーモ』はおすすめです。

VIOセルフ脱毛におすすめの除毛クリーム・パイナップル豆乳除毛クリーム/鈴木ハーブ研究所

商品名 パイナップル豆乳除毛クリーム
会社名 鈴木ハーブ研究所
内容量 100ℊ
価格 1,430円(税込)送料無料(回数縛りなし)
用法 続けて使用の場合は1日開ける。開封後は6ヶ月以内に使用
おすすめの成分 大豆エキス、コンフリーエキス、ビワ葉エキス、アマチャエキス、ヒメフウロ、パイナップルセラミド、ビルベリー、パパイン、豆乳発酵液、ホエイ、ユズセラミド

パイナップル豆乳除毛クリーム 口コミ

パイナップル豆乳除毛クリーム公式

パイナップル豆乳除毛クリームの特徴
  1. お肌をいたわる7種類のハーブエキスを配合
  2. 20種類以上の天然成分を配合
  3. 毛の濃さや太さに関係なく毛を除去できる
  4. 初めてのご注文で初回半額
  5. 30日間全額返金保証
  6. 除毛クリームの嫌なニオイを削減
  7. 販売開始から15周年のロングセラー
  8. シリーズ累計523万本超の大ヒット商品

パイナップル豆乳除毛クリームは、ハーブの研究所が作った商品です。

スキンケアの研究開発を長年している会社で、小さいお子様や妊娠中の方にも使える商品を研究しています。

ムダ毛ケアランキング1位を総なめ!

  1. Yahoo!ショッピング10部門NO.1
  2. 楽天市場8部門NO.1
  3. ファッション雑誌17部門NO.1

数々の人気雑誌で紹介!

  1. 『UPPLUS』
  2. 『GLITTER』
  3. 『mini』

パイナップル豆乳除毛クリームは『除毛&スキンケア』のWケアができる除毛クリームです。

実は、パイナップル豆乳除毛クリームのユーザーは3人に1人が子供

その理由に『ニオイがしない』『肌荒れの心配がない』『チクチクしない』などがあげられます。

子供が使えるほど、優しい天然成分やハーブエキスが配合されているのです。

優れた保湿効果のある大豆イソフラボンを高純度で摘出し配合しているので、除毛後のお肌が透明感のあるツヤ肌に!

開封・使用後でも、お肌に合わなかったり納得できなかった場合には、『全額返金保証制度』があるので安心して購入ができます。

使い方は簡単!パイナップル豆乳除毛クリームを塗って5~10分放置後洗い流すだけ!

男性の剛毛も、毛穴の中のムダ毛ごとごっそりと除毛します。

除毛クリームなのに、美肌成分がたっぷり配合!透明感のある仕上がりを叶えるたいあなたに『パイナップル豆乳除毛クリーム』がおすすめです。

VIOセルフ脱毛におすすめの除毛クリーム・JOMOTAN(ジョモタン)/ハハハラボ

商品名 JOMOTAN(ジョモタン)
会社名 株式会社ハハハラボ
内容量 100ℊ約1ケ月分
価格 初回500円(税込)・送料無料(4回要継続)
用法 3日~1週間に1回、1~3㎜の厚さで塗る
おすすめの成分 アロエエキス、ブドウ葉エキス、リンゴエキス、キイチゴエキス、レモン果汁、ユズセラミド、モモ葉エキス、ブドウ種子油、キウイエキス、ビタミンC誘導体(テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコビル)、プラセンタエキス(1)、ダイズエキス、エイジツエキス

JOMOTAN(ジョモタン) 口コミ

JOMOTAN(ジョモタン)公式

ジョモタンの特徴
  1. 炭クレンズ除毛
  2. クレジットカード決済で初回500P還元!実質0円!
  3. 贅沢美容成分12種類を配合
  4. 美肌成分ビタミンC誘導体を配合
  5. スイートフローラルの心地よい香り
  6. 5つのフリー処方
  7. 国内製造で徹底した品質管理
  8. 医薬部外品

ジョモダンは、IOS9001の厳しい品質管理のもと、国内の製造工場で作られている日本製です。

楽天売上げランキング除毛部門3冠達成!

  1. 20代~40代が使ってみたいムダ毛ケアNO.1
  2. おすすめしたいと思うムダ毛ケアNO.1
  3. 肌のうるおいを守ってくれそうなムダ毛ケアNO.1

ジョモタンは、『炭の吸着力✖美容成分』が強力除毛をしながらお肌を守ります。

5つの無添加処方で『着色料・防腐剤・アルコール・紫外線吸収剤・シリコン』の添加物が含まれておらず、肌トラブルの少ない除毛剤といえるでしょう。

5つのフリー処方
  1. 無着色
  2. 防腐剤フリー
  3. アルコールフリー
  4. 紫外線吸収剤フリー
  5. シリコンフリー

ジョモダンは贅沢に美容成分12種類を配合し、乾燥や小ジワ・美白・保湿効果が期待できます。

プラセンタは肌のうるおいを保ち、ダイズエキスはお肌しっとりさせ乾燥から守ってくれます。

また、エイジツエキスは毛穴を引き締め、キメの整ったお肌へ導くのです。

さらに、ビタミンC誘導体を配合しており、メラニンの生成を抑えシミや色素沈着を防ぐ効果があり、美白効果が期待できます。

ジョモダンは、クレジットカード決済で初回500ポイントが還元されるので、実質無料で使用することができるので、クレジットカードが断然お得です。

2回目以降もずっと40%で購入することができます。

肌への刺激が少なく、美容成分・果実エキスがたっぷりと配合されている除毛剤を探しているあなたに『JOMOTAN(ジョモタン』がおすすめです。

VIOセルフ脱毛におすすめの除毛クリーム・ヴィートバスタイム除毛クリーム

商品名 ヴィートバスタイム除毛クリーム 敏感肌用
会社名 レキットベンキーザージャパン株式会社
内容量 150g専用+専用スポンジ 1個
価格 参考価格:楽天1,280円(税込)送料無料
用法 5分経過後、付属のスポンジでクリームとむだ毛を取り除く
おすすめの成分 アロエエキス-2(保湿成分) +ビタミンE (製品の抗酸化剤)

ヴィートバスタイム除毛クリーム 口コミ


ヴィートバスタイム除毛クリームの特徴
  1. ロイヤルジャスミンの香り
  2. フランス産
  3. 2つのフリー処方:着色料、防腐剤不使用
  4. コスパに優れている

付属のスポンジが、とても扱いやすく塗りやすいと高評価です。

世界売上金額・シェアNo.1

世界第1位!というヴィートのテレビCMがありましたね!

ヴィートは『うるおい除毛✖コスパに優れている』で世界的に有名なブランドです。

除毛は簡単で、水に流れにくい成分を使用。

ですので、勢いが強くなければ水がかかっても問題なしでストレスフリー!

ただ、クリームを塗った2分間は水がかからないようにしましょう。

更に3分経過すれば勢いのあるシャワーで流すのではなく、スポンジでふき取り除毛ができていることが確認できれば、残りもスポンジでふき取ってください。

最後は、水かぬるま湯で洗い流します。

対応部位
  1. 脇の下
  2. ビキニライン

洗い流した後、保湿成分によりうるおい感が残ります。

石けんを使用したり、ボディタオルでこすったりしないよう注意しましょう。

継続的に使うものだからコスパに優れていて、うるおい効果のある『ヴィートバスタイム除毛クリーム』がおすすめです。

VIOセルフ脱毛におすすめの除毛クリーム・エピラット除毛クリーム/クラシエ

商品名 エピラット除毛クリーム
会社名 クラシエホームプロダクツ株式会社
内容量 150g
価格 参考価格:楽天1,047円+送料99円
用法 塗って、取って、流すだけ
おすすめの成分 (2 S, 3 R)-2-オクタデカノイルアミノオクタデカン-1,3-ジオール、海藻エキス-1、カモミラエキス-1

エピラット除毛クリーム 口コミ


エピラット除毛クリームの特徴
  1. セラミド・カモミールエキス・海藻エキス配合
  2. デリケートな敏感肌に配慮した処方
  3. 垂れにくいクリームタイプ
  4. 効果は最大1週間続きカミソリよりも長持ち
  5. グリーンフローラルのやさしい香り
  6. 毛の根元から除毛

エピラット除毛クリームは、全国のドラッグストアには置いてあります。

除毛クリームといえばエピラット!の人も多いのではないでしょうか。

エピラット除毛クリームの保湿成分

保湿成分として『セラミド』『カモミールエキス』『海藻エキス』が配合されています。

エピラット除毛クリームは敏感肌用というだけあって、痛みも刺激もなくほとんど気にならなりません

ただ、やはりどんなお肌の人でも必ずパッチテストは必要です。

何といっても、1,000円程度で購入できるプチプラプライスなのは嬉しいですね♡

使い方は簡単の『塗って、取って、流すだけ』の3ステップ!

簡単&保湿うるおい成分配合の除毛クリームを探している方に『エピラット除毛クリーム』はおすすめです。

VIOセルフ脱毛の方法やおすすめの除毛クリームまとめ

VIOのセルフ脱毛を行う、6つの方法やおすすめの除毛クリームについて紹介しました。

VIOセルフ脱毛まとめ

VIOにおすすめの脱毛方法

  1. カミソリ
  2. ヒートカッター
  3. 電気シェーバー
  4. 除毛クリーム
  5. ブラジリアンワックス
  6. 家庭用脱毛器

VIOのセルフ脱毛で注意点

  1. 生理中や生理前はやめる
  2. お手入れ後はしっかり保湿をする
  3. 肌トラブルは病院受診
  4. 肌質に合ったセルフ脱毛を選ぶ
  5. I,Oラインの処理は無理をしない

VIOセルフ脱毛におすすめの除毛クリーム

  1. moomo(ムーモ)/ヘルスアップ
  2. パイナップル豆乳除毛クリーム/鈴木ハーブ研究所
  3. JOMOTAN(ジョモタン)/ハハハラボ
  4. ヴィートバスタイム除毛クリーム
  5. エピラット除毛クリーム/クラシエ

肌にやさしく安全に脱毛できる方法は、電気シェーバーです。

自己処理の回数を減らしたい場合には、事前に電気シェーバーで除毛をした後に家庭用脱毛器を使うと良いですよ。

除毛クリームは広範囲を一気に脱毛するのに適しています。

美肌効果が期待できたり、ニオイを抑えた除毛クリームもありますが、VIO脱毛には適していません。

この記事で紹介しましたおすすめの除毛クリームは、すね毛やワキ毛などVIO以外のお手入れに使うようにして下さい。

VIO、特にIゾーン、Oゾーンはセルフ脱毛するには難易度が高い部分です。

自分でVIO脱毛をしてみて難しいと思ったら、脱毛サロンや医療脱毛といったプロに任せるという方法もあります。

無理せず肌トラブルが少ない方法で、VIO脱毛を行うようにして下さい。