脱毛

【銀座カラーは痛い?】全身脱毛・VIO脱毛は?痛みを抑える方法は?

銀座カラー 痛い

脱毛をする上で、痛みについて怖くて脱毛を躊躇していませんか?

「VIOは我慢できない痛みと聞いたけど本当?対策はあるの?」

「銀座カラーの痛みの口コミは?」

などと不安はつきもの!

この記事では気になる銀座カラーの痛みについて、以下についてご紹介します。

  1. 銀座カラーの『IPL脱毛』の痛みは?
  2. 銀座カラーの痛みに関する口コミ
  3. 脱毛の痛みを軽減方法や対策方法について

全身脱毛を行う上での痛みやVIOの痛みについて、痛みを軽減する方法がわかり安心できますよ♡

一度、カウンセリングに行って、お試し照射をすることをおすすめします。

\無料カウンセリングはこちら/

照射で痛みの有無を体験を試してみる

銀座カラーの脱毛は痛い?IPL脱毛の痛みについて

銀座カラー 痛い

光脱毛はレーザー脱毛と比べて照射パワーが低いため痛みを感じにくい

脱毛方式 痛み
ニードル脱毛
レーザー脱毛
光脱毛

脱毛サロンや、医療脱毛クリニックでは3種類の脱毛方式があります。

それぞれで痛みの強さが異なり、それは効果の高さによって違うのです。

光脱毛は、最新式の脱毛器だと全く痛みを感じない人も多くいます。

痛みに敏感な人であっても『軽く輪ゴムをはじいたような痛み』と表現されることが多く、ほとんどの方が我慢できるレベルです。

光脱毛メリット・デメリット
  • 痛みが少ない
  • 広いパーツの照射を行うことができる
  • 安価で施術を受けられる
  • 卒業までに時間がかかる
  • 卒業後でも数年すると新たにムダ毛が生えてくる

一方で、レーザー脱毛だと照射パワーが強い分、痛みも強く感じてしまうでしょう。

レーザー脱毛は、医療脱毛クリニックでしかできません。

その痛みの原因は『毛母細胞を破壊』によるものです。

ニードル脱毛だと、一本一本の毛根に電気が流れる針を刺し、組織を破壊!ムダ毛を処理する方法。

火傷による痛みはありませんが、強い痛みがあることを覚悟しておきましょう。

VIOは他の部位よりも痛みを感じやすい

どの脱毛方式でもVIOは、他の部位よりも痛みを感じやすいのです。

VIOが傷みを感じやすい理由
  1. 柔らかくデリケートな部位であるため
  2. 毛が太く濃い部位であるため

脱毛時に痛む原因は、VIOゾーンは粘膜に近く皮膚が柔らかいため、刺激を強く感じやすいから。

また、光やレーザーは黒に反応しますので、色素沈着が起こりやすく濃く太いムダ毛のVIOは痛みが強くなりがちです。

ですが、本当に痛みがキツイと感じるのは初めの数回程度。

脱毛を続けていくうちに、毛が薄く少なく、太かった毛が細くなります。

毛が細くな毛の量が減ることで、粘膜の付近の痛みも軽減されていくんです。

その分、施術時間自体もどんどん短くなっていきますよ!

IPL式脱毛の痛みや脱毛効果について

※こちらに文章は入れません

IPL脱毛は毛が太い、毛が濃い部位(ワキやVIO)に効果を発揮する

銀座カラーで使われているのは光脱毛の『IPL方式』です。

光脱毛『IPL方式』は、毛が濃く太い部位に効果を最大限に発揮します。

それは、光がムダ毛の『メラニン色素=黒色』に反応するから!

VIOや脇はムダ毛の中でも、特に毛が太く濃い部位ですので、他のどの部位よりも光に強く反応します。

つまり、高い効果を得ることができるのです。

毛の濃さ、太さと脱毛効果には密接な関係があります。薄めのムダ毛の人よりも剛毛の人の方が、より高い脱毛効果を実感しやすい傾向なのです。

光脱毛『IPL方式』の光が、メラニン色素に反応し熱を発生させます。

その熱が発毛を促す組織にダメージを与えて、減毛・抑毛をする仕組みです。

ですので、毛深く剛毛の人の方が光脱毛『IPL方式』の反応がよく、早く脱毛効果を実感できるでしょう。

メラニンに反応するため他の光脱毛器よりも痛みを感じやすい

光脱毛『IPL方式』は、メラニン色素の黒に反応し、その熱によって減毛・抑毛をするため痛みを強く感じます。

光照射の皮膚へのダメージではなく、実は熱が痛みの原因なんです。

それは、光がムダ毛の『メラニン色素=黒色』に反応して熱に変わるから!

ただ、その分高い効果も感じることができるでしょう。

光脱毛には、様々な脱毛方式があります。

脱毛サロンでよく利用されている方式が、以下の3つの脱毛方式です。

よく利用されている3つの脱毛方式
  1. IPL方式:メラニン色素に反応する光を毛乳頭や毛根に熱を与え、毛を生えにくくします。メラニン量の多い部位に反応しやすいため、太くて濃い毛に効果が高いのが特徴です。
  2. SHR方式:メラニン色素ではなく、毛を作る組織の毛包全体に熱を連続で与え蓄熱し、毛が再生しにくくします。白髪や産毛に高い効果を発揮するのが特徴です。
  3. SSC方式:有効成分フィリニーブが含まれたジェルを塗り、クリプトンライトで浸透させて抑毛を行います。産毛や美容効果が期待できるのが特徴です。

IPL方式が他の方式よりも痛みが強い分、高い効果を発揮するといえるでしょう。

日焼けした肌では痛みを感じやすい

光脱毛『IPL方式』はメラニン色素の黒色に反応するとお伝えしました。

日焼けした肌はメラニン色素を大量に含んでいます。

そのため、脱毛器が日焼け肌に反応し、痛みを強く感じるのです。

場合によっては火傷の原因となってしまいますので、日焼け肌への照射は避けましょう。

スポーツ選手であったり、日焼けをする傾向にあるのであれば『SHR方式』を選択することをおすすめします。

SHR方式であれば、メラニン色素に反応する脱毛器ではありませんので、日焼け肌や白髪にも有効です。

銀座カラーの痛みに関する口コミ/痛い?痛くない?

銀座カラー 痛い

銀座カラーの痛くない人の口コミ1・以前通っていたときよりも痛みを感じなかった

過去、脱毛サロンやエステサロンで、何店舗も試した事があります。

肌が弱いので、痛みが強く赤くなったりで通いづらく無駄になったりと失敗ばかりでした…

銀座カラーを紹介され通い始めて、全身8回目の施術でしたが、効果にとても満足してます。

実際の施術は、痛くも熱くもなくとても丁寧でした。

脱毛部位に塗るジェルの塗布は冷たくて、触られることのくすぐったいので、どうしようと思いました。

しかし、「深呼吸してくださいね」「熱くないですか?」「ベッドの温度を上げましょうか?」と、一つの動作ごとに事細かに聞いてくださりとても安心でした。

保湿ケアも私の肌に合い、乾燥肌が嘘のようにしっとりし大満足です♡

納得いくまで通わせていただきたいと思っています。

銀座カラーの痛くない人の口コミ2・クリニックの脱毛に比べると痛みはほとんど感じない

医療脱毛クリニックと銀座カラーの、どちらがいいかを迷いました。

金額重視で銀座カラーにしたので、正直効果がでるのかを疑っていましたが…

最近は、太く目立つ毛がなくなってきたので、ほぼ家ではお手入れはしていません。

剛毛で濃いので反応するんでしょうかね?

あまり期待せずに全身脱毛を契約して、一年間コンスタントに通っています。

2回目から目に見えて効果があり、よかったです。

医療脱毛クリニックと比較すると痛みが少ないのに、ここまで効果があるとは思いませんでした。

安いのにちゃんと効果があるので最高です。

銀座カラーの痛くない人の口コミ3・Iラインは最初は痛いけど、慣れたら大丈夫!

Iラインの痛みについてですが、初回は少し熱いと感じたのと、毛が濃く密集している部分は痛みがありました。

光を当てる前に乗せるジェルがヒンヤリでとても冷たいです。

デリケートゾーンに光をあてるととても痛いので、ここら辺は耐えています。

しかし、その後のミストシャワーはとても好き。

ただ、数回照射を重ねた頃には、痛みや熱さはほとんど感じなくなってきたので、これなら続けていくうちに痛みがなくなるのでは?と感じています。

銀座カラーの痛い人の口コミ1・VIOは我慢できない痛みです

銀座カラーに通い始めて3・4回目くらいです。

ワキやVIOラインなどの濃い部位は、明らかに薄くなっているのを感じています。

お腹などの細い産毛の部位は微妙かも。

他の部位は大丈夫なのですが、VIOは痛くて我慢できないレベルです。

バチっと強い刺激を感じます。

スタッフさんが心配して「照射レベルを落としましょうか?」などと聞いてくれたり、「ジェルを多めに塗りますね」など優しく対応して下さるので何とか頑張れている感じです。

毛が薄く少なくなると、強い痛みもなくなっていくそうですので、希望を持って通えています。

銀座カラーの痛い人の口コミ2・ミュ〇に比べて痛みが強く感じた

脱毛サロンを選ぶ際に、ミュ〇と銀座カラーを比較したんです。

両方の無料カウンセリングに行き、体験の照射をしています。

ミュ〇では、脇+Vラインを契約していました。

中々予約が取れず、一度キャンセルをするとその先は更に4か月後とかになるので、一生終わる気がせずに行くのをやめたんです。

銀座カラーで全身の契約をしたのですが、実際に通ってみて照射時の痛みは、ミュ〇の方が少ない!

聞けば、同じ光脱毛だけれど脱毛の方法が違うとのこと。

そこまで大きく痛みに差があるとは思いませんでしたし、個人差やその日の体調などもあるんだと思います。

銀座カラーの痛い人の口コミ3・うなじなど背面は怖さからか痛みを強く感じた

基本的にアイマスクをして施術を行うのですが、うなじや背中は自分で見えないため、その怖さから強く痛みを感じることがあります。

自分で確認するには、写真を撮るったりなどの工夫が必要な部位ですからね。

うなじの範囲や形は、特に施術スタッフの裁量任せになってしまいますので、スタッフさんの声掛けだけが頼りです。

施術前のしっかりとした打ち合わせが、安心材料になりますので、確認してからの施術をおすすめします。

銀座カラーの脱毛の痛みを軽減することはできる?対策方法について

銀座カラー 痛い

痛みの軽減方法1・脱毛の前後はしっかり保湿をしましょう

保湿の効果
  1. 光による刺激から皮膚を守る・いたわる
  2. 脱毛後の乾燥した肌

乾燥した状態の肌で脱毛による照射を受けると、肌への負担が大きくなるだけではなく、痛みも強く感じてしまいます。

乾燥した肌は皮膚が硬くて毛が抜けにくく、脱毛効果が落ちてしまうのです。

脱毛前に保湿をすることで、肌は柔らかくなり脱毛効果を高めることができるでしょう。

脱毛直前の保湿はおすすめしません。保湿液やクリームが毛穴に入ると光を妨げる要因となる場合も!1日前までを目安に行いましょう。

また、照射後の肌は熱で水分が奪われ乾燥しています。

肌が乾燥することでバリア機能が低下

少しの刺激で赤み、かゆみなどを起こす可能性があります。

脱毛後はいつもよりも念入りに保湿をし、乾燥による肌トラブルのリスクを軽減しましょう。

保湿以外にも、入浴時にはボディタオルなどの刺激は避け、優しく撫でるように洗うとより効果的です。

保湿は、低刺激で無添加の成分が配合されたアイテムがおすすめです。

痛みの軽減方法2・脱毛部位のシェービングは丁寧に行いましょう

脱毛前シェービングの理由
  1. 脱毛効果を高めるため
  2. 肌トラブルを防ぐため

脱毛を受ける上で、自己処理が必要になります。

その場合、肌への負担が少ない電気シェーバーがおすすめです。

肌のダメージが少しでも減らし、脱毛を受けるようにしましょう。

銀座カラーで使用される光脱毛機器『IPL方式』は、毛の黒い色素のメラニンに光が反応し、毛根にダメージを与え、毛を生やす組織の活動を抑えます。

ですので、シェービングがきちんと行われていないと、毛穴から多く露出している毛に光が奪われ、光の量が不足することで効果がでません

また、シェービングをせずに施術を受けた場合、長い毛に光が反応し熱を持ち、火傷の原因となる恐れがあります。

剃り残しが多いと光が強く反応する分、痛みも出やすくなるのです。

安全で効果的にムダ毛を無くすためには、事前にしっかりとシェービングをすることが大切といえます。

見えない部位や手の届かない部位は無理に処理をすると、肌に傷がつく可能性があります。できるだけ人の手を借りるようにしましょう

痛みの軽減方法3・生理直前や生理中の施術は避けましょう

生理前・生理中に施術を避けた方がいい理由
  1. 肌リスクが高い
  2. 毛周期の変化で脱毛効果が低い
  3. 出力の調整により脱毛効果が下がる
  4. 強く痛みを感じやすい

生理中であっても、銀座カラーではVIO以外の施術が可能です。

ただ、生理前から生理中は、ホルモンバランスが不安定になる時期!

腹痛だけでなく、イライラしたり落ち込んだり…自分ではコントロールできないこともあるでしょう。

銀座カラーでは、生理中の無理な脱毛はおすすめしていません。

鎮痛剤を使用している場合は、どの脱毛サロンでも施術はできません。

生理中はホルモンバランスが崩れ、普段よりも肌が敏感であったり、血液循環が悪くなるためむくみやすかったりと、安定した状態ではないのです。

VIO以外の場所でも肌の乾燥で敏感になっていたり、痛みを強く感じてしまう人も多くいます。

生理の前後は女性ホルモンの分泌量が急激に変化するため、毛周期も乱れ、脱毛効果も得にくくなるでしょう。

更に照射レベルを下げてもらった分だけ、脱毛効果が落ちます。

当日予約のキャンセルは、会員サイトから1時間前までであれば可能です。

ペナルティも発生しません。

銀座カラーのコールセンター0120-360-286
受付時間:平日12:00-21:00/土日祝10:00-19:00

銀座カラー会員サイト

痛みの軽減方法4・生理後6日間は痛みを感じにくい

生理後6日間が傷みを感じにくい理由
  • エストロゲンが増えるため

生理終了から6日間の間は、肌の水分量が増しバリア機能も高く、肌が美しく強いので痛みを感じにくいのです。

生理終了から排卵までの間は、肌や髪などの潤いを保つ働きをする『エストロゲン』の分泌量が増え、肌の調子がよくなります。

エストロゲンとは、女性らしい体作りを助けるホルモンです。ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促進します。

つまり、生理後6日間に施術を受けると、肌トラブルが起きる可能性が低くなり、脱毛によるダメージや痛みを最小限にすることができるでしょう。

エストロゲンは体毛の成長を促す作用もあり、毛周期の成長期を保ちます。

この時期に脱毛をすることで、成長期にある毛が多いので脱毛の効果を得やすいでしょう。

このように、肌状態のよいときに施術を受けられるよう、予約を入れるのがおすすめです。

手帳や、専用のアプリを活用し、数ヶ月先までの生理予測をすることで、施術の予定をスムーズに立てることができます。

痛みの軽減方法5・脱毛中はしっかり日焼け対策をしましょう

日焼け肌はNGな理由
  1. 施術時の痛みを感じやすい
  2. 肌トラブルの原因になる
  3. 脱毛効果が下がる

日焼肌は、紫外線による一種の火傷状態であり、敏感になっています。

日焼け後に、肌が熱を持つことやヒリヒリしたことはありませんか?

その上に照射をすると、その刺激に鋭敏に反応し、普段よりも痛みが強くなる可能性が高くなります。

肌がダメージを受けている上に、更なるダメージを受けやすい状態であるということです。

日焼けした肌が、後日剥けたことはありませんか?

肌が乾燥してダメージを受け、剥離した皮膚は、やけどと乾燥により、弱っている状態です。

最悪の場合は、シミとして沈着してしまう結果になり兼ねません。

銀座カラーの脱毛の痛みについてまとめ

銀座カラーでは、スタッフさんの対応が大変よく、痛みに関してもしっかり対応して下さることがわかりました。

痛みには個人差があり、躊躇しているのはもったいないですので、一度体験照射をしてもらうことをおすすめします。

\無料カウンセリングはこちら/

照射で痛みの有無を体験を試してみる

ここにボックスタイトルを入力

銀座カラーの『IPL脱毛』の痛み

  1. 光脱毛はレーザーよりも痛みを感じにくい
  2. VIOは他の部位よりも痛みを感じやすい
  3. メラニンに反応するため痛みを感じやすい
  4. 日焼けした肌では痛みを感じやすい

銀座カラーの痛みに関する口コミ

  1. 以前通っていたときよりも痛みを感じなかった
  2. クリニックの脱毛に比べると痛みはほとんど感じない
  3. Iラインは最初は痛いけど、慣れたら大丈夫
  4. VIOは我慢できない痛みです
  5. ミュ〇に比べて痛みが強く感じた
  6. うなじなど背面は怖さからか痛みを強く感じた

痛みの軽減方法

  1. 脱毛の前後はしっかり保湿をする
  2. 脱毛部位のシェービングは丁寧に行う
  3. 生理直前や生理中の施術は避けよう
  4. 生理後6日間は痛みを感じにくい
  5. 脱毛中は日焼け対策が必要

「銀座カラーでしっかり脱毛効果を得たい」

「生理中の照射は避けたい」

そんなあなたに、保湿ケアや対策をしっかりしている『銀座カラー』がおすすめです。

関連ページ:【銀座カラーの口コミ】脱毛効果は?予約・全身脱毛の値段について