脱毛

【キレイモのシェービング】脱毛のとき剃り忘れは?施術時間や予約は?

キレイモ シェービング

キレイモで脱毛を行う場合、事前の自己処理が大切です。

キレイモでは、1回の施術ごとに顔とVIOを含めた全身33か所の照射を行います。

全身を自己処理するとなると、

『剃り残しをした場合、お金はかかる?』

『自己処理をし忘れてしまった場合の対応は?』

などということが気になりませんか?

この記事ではキレイモについて以下のことをご説明していきます。

  1. キレイモのサービス(シェービング代、剃り残し対応)
  2. キレイモと他の脱毛サロンでのシェービングサービスの比較
  3. 脱毛効果を高める自己処理の方法

この記事を読むことで自己処理の大切さがわかりますよ。

\脱毛卒業時50,000円のお祝い金がもらえるキャンペーン中╱

77,000円相当の家庭用脱毛器プレゼントがもらえる♡

キレイモのシェービングサービス/シェービング代や剃り残しの対応

キレイモ シェ-ビング

キレイモでは『背中・うなじ・Oライン・ヒップ』以外は、1〜2日前までに自己処理をするよういわれます。

背中・うなじ・Oライン・ヒップは、手が届きにくい部位です。下手をすると肌を傷つけてしまう可能性があるので、ムダ毛処理はキレイモにお任せしましょう。

万が一、『剃り忘れた』『剃り残し』があれば、許容範囲内であればキレイモが無料で対応をしてくれる可能性があります。

しかし、あまりに多い場合はムダ毛処理に時間がかかり、その日のうちにキレイモで全ての施術を受けることができない場合も!

ちょうど自己処理から1~2日経過した毛に、キレイモが使用しているIPL脱毛器が反応しやすいのです。

剃り残しがあるとキレイモで施術時間中に剃ってもらうハメにもなりますし、その分脱毛器の反応が悪くなってしまいます。

ですので、キレイモに急な予約を入れるなら、最低でも1日前までに予約を入れる必要があるといえるでしょう。

キレイモで脱毛効果を高めたいのであれば、自己処理をしっかりする必要があるのです。

それでは詳しく解説していきます。

キレイモのシェービングサービスの対象範囲

キレイモサービスの範囲
キレイモサービスの範囲
キレイモ シェービング

背中,うなじ,Oライン,ヒップ

 

キレイモでは1回の施術で顔とVIOを含めた全身脱毛を行うので、事前に全身の自己処理を行う必要があります。

全身の毛を自己処理する場合、どうしても手が届かなくてやりにくい部位がでてきます。

キレイモでは、自己処理で手が届きにくい4つの部位に関して、サービスがあります。

背中・うなじ・Oライン・ヒップの4部位に関しては無理して自己処理を行った場合、肌を傷つけてしまう恐れがあるので、事前に自己処理をする必要はありません。

施術当日に、キレイモではスタッフがキレイにムダ毛処理をしてくれるので安心して下さいね。

ただし、その他の部位についてはあらかじめ事前に自己処理が必要になるので、剃り残しがないように自己処理をしましょう。

キレイモの剃り残しや自己処理忘れの対応について

自己処理忘れキレイモでの対応

うっかり自己処理を忘れてしまった部位に関しては、剃り残し部分の照射は行われないので、1回分の脱毛ができないことになります。

キレイモでは、手が届きにくい背中・うなじ・Oライン・ヒップの4つの部位に関しては、スタッフがムダ毛処理のサービスを行うため、自己処理は不要です。

しかし、キレイモでは他の部位に関して、事前に自己処理が必要になります。

全身脱毛は自己処理部分が多くて大変ですが、上から順番に行うなどして自己処理を忘れてしまう部位がないように気を付けましょう。

少ない範囲での剃り残しの場合は、スタッフによるサービスがある場合もあります。

あくまで任意となり、キレイモスタッフの裁量によって、剃り残し部位によってできる場合とできない場合があります。

自己処理後は鏡を使って、全身剃り残しがないかチェックを行うなどして、剃り残しを防ぐようにしましょう。

キレイモのシェービング代について

キレイモでは、手が届きにくい部位(背中・うなじ・Oライン・ヒップ)はスタッフによるムダ毛処理のサービスがあります。

キレイモでは、剃り残し部分それぞれプランによって料金が異なります。

キレイモのシェービングサービス代
プラン サービス部位料金 剃り残し部位の料金
全身脱毛プラン 無料 無料
平日とく得プラン 無料 無料
U-19応援プラン 1回:1,100円 無料

 

キレイモの全身脱毛プランと平日とく得プランでは、料金にサービス代が含まれているので、都度お金を払う必要はありません。

20歳以下が対象のU-19応援プラン(月額制プラン)には、料金の中に含まれていないので、シェービング補助代として1回1,100円が必要になります。

キレイモでは剃り残し部位に関して、無料でムダ毛処理が可能です。

しかし、剃り残し部位が多いとキレイモの施術時間内に全身脱毛を行うことができなくなってしまい、脱毛が完了できない部位もでてきてしまうことがあります。

自己処理を行う際は、剃り残しがないように気を付けましょう。

学割プランでもシェービング代は無料

学割プラン

キレイモには、学生証・生徒手帳・在学証明書など、学生の身分を証明する証明書を提出することにより、最大5万円割引の学割が適用されます。

キレイモの全身脱毛プランまたは平日とく得プランには、料金に含まれているので、学割プランでもシェーバー代が無料となります。

学割を利用して全身脱毛プランまたは平日とく得プランを契約した場合、自己処理が難しい部位(背中・うなじ・Oライン・ヒップ)は無料でサービスを受けることができます。

シェービング補助とは、手が届きにくく、自己処理が難しい部位(背中・うなじ・Oライン・ヒップ)に関しては、施術当日にスタッフがムダ毛処理を行うということです。

自己処理が難しい部位に関しては、ムダ毛処理が不要で施術当日を迎えてOK!

ただし、キレイモの月額制プランのU-19応援プランはシェーバー代補助代が含まれていないので、施術1回につきシェービング補助代として1,100円(税込)が必要になります。

U-19応援プランを契約する場合は、シェーバー代が別途必要ということを考慮してキレイモで契約をしましょう。

キレイモの施術前にシェービングが必要な理由について

キレイモ シェ-ビング
キレイモ施術前に自己処理が必要な理由
  1. 脱毛効果を高めるため
  2. 痛みを軽減するため
  3. 肌トラブルを避けるため

キレイモで脱毛効果を上げるために、事前に行う自己処理は大切です。

ただし、自己処理後の肌は傷ついたり、乾燥しやすかったりします。

そのまま放置するのではなく、保湿性の高い化粧水やクリームをたっぷりとつけましょう。

刺激が少ないものを使うと安心です。

自己処理した後、肌が乾いていると感じたらこまめに保湿ケアしてください。

万が一、自己処理を行うことで、炎症が起こることがあればすぐに冷やしましょう。

自己処理したあとは、肌が熱く感じることも多いもの。

炎症がひどくならないために、冷水にぬらしたタオルを、少しひんやりするくらいであてると効果的です。

キレイモで脱毛効果を高めるために、正し自己処理が大切だといえるでしょう。

シェービングが必要な理由1・脱毛効果を高めるため

ムダ毛処理が必要な理由1つめは、キレイモの『脱毛効果を高めるため』です。

キレイモでは、主にIPL方式の光脱毛を行います。

IPL方式では、毛の中のメラニン色素に反応し毛根にダメージを与えるフラッシュが照射口から発せられます。

毛穴に埋まっている毛根には、毛乳頭という毛の成長を促進する組織があり、毛乳頭にダメージを与えることで毛の成長が阻害されます。

キレイモ シェービング

毛乳頭に照射回数を重ねることで、毛が生えにくい状態を作ることができるのです。

この時、ムダ毛が生えたままだとフラシュの光が毛穴から生えている毛に反応してしまうため、ダメージを与えたい毛乳頭まで光を届けることができなくなります。

あらかじめムダ毛を処理しておくことで、フラシュが毛乳頭まで届きやすくなり、脱毛効果を高めることができます。

キレイモで脱毛効果を高めるために、自己処理はとっても大事なのです!

シェービングが必要な理由2・痛みを軽減するため

ムダ毛処理が必要な理由2つめは、キレイモの脱毛で『痛みを軽減するため』です。

キレイモで照射をする時、特に肌が薄いVIOは自己処理をしていても、ゴムで弾かれたようなバチンという痛みを感じることがあります。

これは、キレイモで使用する『IPLの光』が毛の中にあるメラニン色素に反応し、熱を発している状態だから。

照射時の痛みは冷やすことで軽減することができます。

キレイモの脱毛器には冷却機能があり、冷却ジェル不要で照射前後に冷却しながら照射を行うことができるので、照射時に発する熱を抑えることができます。

しかし、ムダ毛が長い状態で照射を行った場合、毛根から生えている毛にIPLによる熱エネルギーが溜まる状態となり、痛みを感じる場合があるのです。

キレイモでは、冷却機能付きの脱毛器を使用していますが、安全のため剃り残しがある場合範囲が狭い場合はスタッフが丁寧にムダ毛処理を行ってくれます。

キレイモでIPLの光で痛みを感じにくくするために、事前の自己処理をしっかりと行って施術に臨みましょう!

シェービングが必要な理由3・肌トラブルを避けるため

ムダ毛処理が必要な理由3つめは、キレイモの脱毛器での『肌トラブルを避けるため』です。

キレイモで使っている『IPLの光』は痛みを感じるだけでなく、ムダ毛処理をせずに照射をしてしまうと炎症や火傷の原因となることもあります。

キレイモでは、自己処理ができているかどうかをチェックしながら照射を行うので、ムダ毛が残っているところに誤って照射してしまい、火傷や炎症といった肌トラブルになりにくいでしょう。

しかし、最近流行りの家庭用脱毛器、脱毛サロンと同じIPL方式の光を使っているのですが、誤ってムダ毛がある場所を照射してしまって火傷をしてしまったという口コミがありました。

これは、ムダ毛がIPLの光に反応して熱を帯びた状態で肌に触れたため、火傷となってしまったのと考えられます。

火傷をしてしまうとしばらくジンジン痛みがあるし、跡が残ってしまいます。

キレイモでの肌トラブルを避けるため、自己処理はしっかりと行いましょう。

キレイモの脱毛効果を高めるシェービングの方法や注意点

キレイモ シェ-ビング
キレイモの脱毛効果を高める方法
  1. キレイモの施術1~2日前に自己処理をする
  2. 電気シェーバーを使用(カミソリや毛抜きでの自己処理はNG)
  3. 自己処理後はしっかり保湿
  4. 施術直後の自己処理はNG
  5. Vラインプレートがおすすめ
  6. ムダ毛の長さは2mm

キレイモでは1~2日前までに自己処理を済ませるよう推奨されています。

自己処理をすることで、赤くなったりなどの肌トラブルが出ることもあるでしょう。

赤みが引く時間を設けるためにも、自己処理は余裕を持ってすることをおすすめします。

また、キレイモの脱毛施術直後のお肌は日焼けした状態と同じで、乾燥していて大変デリケート。

直後の自己処理は控えましょう。

キレイモの施術後は、次回施術の1~2日前まで自己処理は控えるようにするのが理想とされています

どうしてもの場合は、電気シェーバーで処理をしましょう。

VIOは、自分の理想の完成形により、自己処理の方法が変わってきますので注意が必要です

キレイモスタッフに相談しながら脱毛を行っていきましょう。

キレイモの施術1~2日前に自己処理をしましょう

キレイモの公式サイトに記載があるのですが、自己処理は、施術の1~2日前に行うようにしましょう。

毛穴から出ている毛が長すぎると、キレイモでの照射の際に肌トラブルが起こってしまったり、脱毛効果が下がるというデメリットがあります。

反対に毛穴から出ている毛の長さが短すぎても、脱毛器の反応が悪くなってしまうのです。

施術1~2日前に自己処理を行うことで、施術当日には脱毛器が良く反応する1~2mmの長さになるので、1~2日前の自己処理が最適といえるでしょう。

自己処理によって赤みなどが出やすい人や、肌トラブルを起こしやすい人でも、赤みが引く時間を確保することにも繋がります。

そのため、キレイモ施術当日のムダ毛処理はできる限り控えましょう。

ムダ毛が長すぎると施術ができませんし、短すぎると反応が鈍くなるため、キレイモの施術1~2日前がベストです。

キレイモの脱毛効果を高めるシェービング方法1・電気シェーバーを使用

キレイモの脱毛効果を高めるムダ毛処理方法その1は、『電気シェーバーを使用すること』です。

ムダ毛の自己処理方法として、主に以下の3つがあります。

ムダ毛を自己処理する方法
  1. 脱毛テープなどで毛を抜く
  2. カミソリで剃る
  3. 電気シェーバーで剃る

キレイモで脱毛効果を高めるためには、電気シェーバーを使うのがおすすめです。

NG行為
キレイモ シェ-ビング

キレイモの脱毛方式であるIPL方式では毛の黒い部分に反応する光を使います。そのため、毛抜きなどで抜く処理をしてしまうと脱毛器が反応しなくなるので、剃るようにしましょう。

ムダ毛処理というと、カミソリを使ったりしていませんか?

カミソリよりも電気シェーバーの方が肌を傷付けずにムダ毛処理を行うことができるので、脱毛をするなら電気シェーバーを購入しましょう。

キレイモでは全身脱毛を行うので、刃の部分を取り替えることで1本でフェイシャル・ボディ・VIOの全身の自己処理に便利な電気シェーバーの販売もしています。

カミソリや毛抜きでの自己処理はNG

ムダ毛処理の方法として、『カミソリ』で毛を剃る方法と『毛抜き』で毛を抜く方法もあります。

キレイモのIPL脱毛器で照射を行う場合、自己処理でカミソリや毛抜きを使うことはおすすめしません。

カミソリの場合のNGポイント

カミソリの場合は、肌トラブルを引き起こす原因となるので、避けましょう。

カミソリで処理を行う時に肌の表面を薄く削ってしまうため、肌の角質が傷ついてしまうのです。この傷に雑菌が入ってしまうと、肌や毛穴が炎症を起こすといったカミソリ負けになるのです。

毛抜きの場合のNGポイント

キレイモの光脱毛器は、毛のメラニン色素に反応するので毛穴の中に毛がない状態で照射をしても、毛の成長を促進する組織にダメージを与えることができません。

毛を抜けば一時的には毛穴から毛が抜けるので、一度毛を抜いたら生えてこないと感じる方も多いでしょう。

しかし、毛の成長を促進する組織は生きている状態なので、しばらくするとまた生えて来るのです。

毛の成長を促進する組織にダメージを与え、脱毛効果を高めるには、ムダ毛を抜くではなく、肌にやさしい電気シェーバーで剃るという自己処理方法を行いましょう。

キレイモの脱毛効果を高めるシェービング方法2・自己処理後はしっかり保湿をする

キレイモの脱毛効果を高めるムダ毛処理方法その2は、『自己処理後はシッカリと保湿すること』です。

ムダ毛処理をした後の肌は乾燥していて、肌がとてもデリケートな状態となっています。この状態で放置してしまうと、かゆみや炎症といった肌トラブルとなる場合があるのです。

自己処理後にしっかりと保湿して肌をしっかりとうるおすことで肌トラブルを防ぐことが期待できます。

肌を保湿することは脱毛効果を高めます。

乾燥した肌では照射後の毛が抜けずらくなります。

肌の保湿がちゃんとできていれば、照射後の毛が抜けやすくなるので脱毛効果が高まるのです。

キレイモで脱毛効果を高めるために、自己処理後やお風呂の後など肌の乾燥を感じたらしっかりと肌を保湿しましょう。

キレイモの脱毛効果を高めるシェービング方法3・施術直後の自己処理はNG

キレイモの脱毛効果を高めるムダ毛処理方法その3は、『施術直後の自己処理はNG』です。

キレイモでは施術後に、キレイモオリジナルローションで保湿を行います。

脱毛後の肌はとてもデリケートな状態となっています。施術した当日、又は次の日でも、自己処理は肌への負担が大きい行為ですので、やめておきましょう。

キレイモの施術後すぐに毛が抜けるということではなく、1~2週間かけて徐々に抜けていくものです。

最後の自己処理が施術前の1~2日前なので、毛穴から数mmでている毛が気になるのはわかります。

キレイモの脱毛器が反応した毛は、1~2週間ほどで自然と抜け落ちるので自己処理をする必要はないのです。

時間はかかりますが抜け落ちる毛は『脱毛効果がある毛』だという証拠ですので、我慢して抜けるのを待ちましょう。

キレイモの脱毛効果を高めるシェービング方法4・VIOの自己処理にはVラインプレートがおすすめ

キレイモの脱毛効果を高めるムダ毛処理方法その4は、『VIOの自己処理には、Vラインテンプレートがおすすめ』です。

他の部位の毛は全部剃って脱毛を行いますが、Vラインは全部剃って全部脱毛を行う場合と任意の形に一部の毛を残す場合があります。

一部の毛を残す場合、始めの3~4回、柔らかい毛が生えてくるまでは全部剃ると全部照射を行うと、脱毛の境目が出ずキレイにデザインすることができます。

柔らかい毛が生えてくるようになったら、Vラインプレートを使って自己処理を行うとキレイな形にデザインすることができますよ。

Vラインテンプレートの形
  • ナチュラル
  • トライアングル
  • トラッド
  • ビルネ
  • オーバル
  • スクウェア
  • ハート
  • ダイヤ

好みのデザインのVラインテンプレートをVラインに当て、Vラインテンプレートからはみ出た毛を剃って下さい。

カットした毛がチクチクと肌に当たるのが気になる場合は、ヒートカッターでカットするとよいですよ。

VIOは、自分の理想像はしっかりとキレイモのスタッフに伝えることが大切です。

デリケートゾーンの自己処理方法
  1. ツルツルを希望:Vボーン・Iゾーンは毎回全て自己処理
  2. 毛量を減らすor毛を細くする:V・Iゾーン全てを自己処理⇒整え始めるタイミングで希望の形に自己処理をする(スタッフに伝える)
  3. 形を整えるだけ:希望の形に自己処理をする

キレイモの脱毛効果を高めるシェービング方法5・ムダ毛の長さは2mmほどにする

キレイモの脱毛効果を高めるムダ毛処理方法その5は、『ムダ毛の長さは2mmほどにする』です。

ムダ毛を自己処理しないで長いままだと脱毛効果が低くなったり、火傷の原因になりますが、反対に毛穴から全く毛が出ていない場合も脱毛効果が低くなるのです。

キレイモで使用しているIPL脱毛器の反応を良くするためには、毛穴から出ているムダ毛の長さが2mmほどであるのが望ましいとされています。

キレイモ公式サイトで施術の際の流れについて説明があるのですが、施術前の1日~2日前に自己処理を行うように記載があります。

脱毛効果を高めるための長さが、毛穴から出ている毛の長さは2mmということです。

施術前の1日~2日前に自己処理を行うことで丁度施術当日には2mmほど毛穴から毛が生えている状態になるでしょう。

キレイモの脱毛前に、ムダ毛処理を忘れないよう注意してください。

関連ページ:【キレイモの効果】冷たすぎる?1回目は抜けない?全身脱毛について

キレイモのシェービングサービスと他の脱毛サロンを比較

キレイモ シェ-ビング

キレイモでは、基本的に自己処理をする必要があります。

キレイモでは全身33箇所(顔・VIOを含む)を、来店からキレイモオリジナルローションで仕上げをしてもらうまで、90分ほどで全身の施術を完了させます。

そのためキレイモでは、ムダ毛処理に時間をかけるわけにはいかないのです。

キレイモでは冷却ジェルのいらない最新マシンを導入したり、店頭予約をなくしたり、少しでも施術時間を短く、より多くの予約枠を増やすことに力を入れています。

剃り残しは許容範囲内であれば、キレイモスタッフが対応してくれますので、そこまで神経質にならなくても大丈夫です。

キレイモで脱毛効果を出すポイント

自己処理後は、保湿を忘れず行うことで高い脱毛効果を得ることができます。

キレイモの剃り残しの対応サービスについて、他の脱毛サロンと比較してみました。

シェービング代やサービスを比較

脱毛サロン名 シェービング代 サービスの範囲
ミュゼ 無料 襟足、背中上下、ヒップ奥のみ
キレイモ 月額プラン以外:無料
月額プラン:毎月1,000円
背中、うなじ、Oライン、ヒップ
銀座カラー 無料 襟足、背中、腰、お尻、Oライン(ヒップ奥)
ストラッシュ パックプラン、無制限プラン:無料
月額制、都度払い:毎月1,100円
全身
シースリー 無料 襟足、背中上部
ラココ 無料(フェイス用シェーバーを持参すること) うなじ、えり足、背中など
リンリン 手の届かない部位は無料 うなじ、背中からお尻にかけて
ミライ サービスなし
脱毛ラボ 顔・VIOを含む施術の場合:1回1,500円
顔・VIOを含まない施術の場合:1回1,000円
全身

※価格は税込

剃り残しの対応を比較

脱毛サロン名 剃り残しの対応
ミュゼ 剃り残しが少ない場合は、スタッフが剃ってくれるが、多い場合には剃り残し部位を避けて施術が行われる
キレイモ 部位によって月額プラン以外は、無料で剃り残し部分もムダ毛処理をしてくれる場合と施術を避けて行う場合がある(月額プランは毎月1,000円)
銀座カラー 剃り残し部位を避けて施術が行われる
ストラッシュ 剃り残し部分のサービスがある
シースリー 剃り残しが少ない場合は、スタッフが剃ってくれるが、多い場合には剃り残し部位を避けて施術が行われる。ただし、わきとVIOの剃り残しは、電気シェーバーを持参したらスタッフによるサービスを受けることができる
ラココ フェイス用シェーバー持参で、剃り残し部分をスタッフに剃って貰える。ただし、1箇所につき1,080円のジェーバー代がかかる
リンリン 剃り残し部分の施術が受けられない
ミライ 照射1回分が消費扱いになる
脱毛ラボ 有料サービスあり
顔・VIOを含む施術の場合:1回1,500円
顔・VIOを含まない施術の場合:1回1,000円

 

キレイモのシェービングよくある質問

キレイモ シェ-ビング
キレイモの自己処理でよくある質問
  1. ハイジニーナの自己処理方法
  2. 剃り残しが多く施術不可の場合
  3. Iラインを上手に自己処理する方法
  4. ワックスや毛抜きでの自己処理がNGな理由
  5. おすすめの電気シェーバー

キレイモで施術をする上で、様々な疑問が出てくることもあります。

特に、VIOは自己処理が難しい場所で、人に聞きにくかったりするもの。

しかし、誤った自己処理をすると脱毛効果が薄れてしまう場合もありますので、わからないことがあれば、都度キレイモスタッフに相談することをおすすめします。

悩みや困り事というのは案外、多くの人が同じことを考えているものです。

キレイモの施術前に、こちらにあるよくある質問を読んでおきましょう。

ハイジニーナにする場合の自己処理方法を教えてください。

ハイジーナにする場合は、Vゾーン、Iライン、Oライン全ての毛を生えにくい状態にするので、毎回VIO全ての場所をツルツルに剃る必要があります。

Vゾーンの自己処理のポイントは以下の通り。

  1. 長い毛はハサミでカットする
  2. 顔剃り用の電気シェーバーを使う
  3. 肌が乾いた状態で行う
  4. 始めは毛の流れに沿って毛の根本を剃る
  5. 毛が短くなったら逆剃りでもOK
  6. 自己処理後はしっかりと保湿を行う

毛が長いと剃りにくいので、まずは長い毛を挟みでカットするとムダ毛処理をしやすくなります。

顔剃り用の電気シェーバーを使って乾いた状態で行います。

刃を斜め45度に当てて、ゆっくり丁寧に毛の流れに沿って毛の根元を剃りましょう。

ムダ毛処理のポイント

ある程度毛が短くなったら、毛の流れと逆向きに沿っても大丈夫です。

剃り終わったら、しっかりと保湿するようにしましょう。

Iラインの自己処理方法は、他のQ&Aに記載したのでそちらを参照して下さい。

キレイモではOラインは手が届きにくい場所なので、無料でムダ毛処理を行ってくれます。

なので、無理して自己処理せずにキレイモスタッフにお任せしましょう。

キレイモでは剃り残しが多く施術不可の場合は1回分の消化になりますか?

剃り残りに注意

キレイモでは、剃り残しに対して柔軟な対応をしてくれるのですが、あまりにも剃り残しが多い場合には施術不可でも1回分の消化となります。

剃り残しが多い場合、キレイモでは月額制プラン以外ではムダ毛処理をしてから施術が行われます。

キレイモでは一人当たりの施術時間は90分と限られているので、ムダ毛処理に時間を取られてしまった場合、残った時間での施術となります。

そのため、全部の部位の施術が時間内にできないことも…

場合によって、剃り残しが多い部分は施術不可になることもあるのです。

キレイモでの注意点

全部の部位の照射ができなくても、1回分の消化扱いになります。

施術不可になるか、施術時間を短縮して行うのかは剃り残した部位や範囲によってさまざまです。

せっかく取れた予約なので、当日のムダ毛処理に時間を取られてしまってはもったいないです。

きちんと自己処理を行って、全身丸っと丁寧にキレイモで施術してもらうようにしましょう。

Iラインを上手に自己処理する方法を教えてください。

Iラインを上手に自己処理をする方法は以下の9つのポイントがあります。

  1. 長い毛はハサミでカットする
  2. 電気シェーバーを使う
  3. 鏡で見ながら剃る
  4. 身体が乾いた状態で剃る
  5. 皮膚の端っこを引っ張りながら剃る
  6. 外側から内側に向かって剃る
  7. ちょっとずつ丁寧に剃る
  8. 最後に鏡で剃り残しがないかチェックする
  9. 自己処理後はしっかりと保湿を行う
長い毛はハサミでカットする

Iラインに生えている長い毛とVラインを、あらかじめハサミでカットするとVラインとの境目がわかりやすくなります。

また、シェーバーに毛が絡みにくくなるので、剃りやすくなるというメリットもあります。

電気シェーバーを使う

カミソリは肌を傷つけてしまうことがあるので、肌にやさしい『顔剃り用』か『VIO専用』の電気シェーバーを使いましょう。

刃がへたってきて剃りにくくなってきたら、肌を傷つけることがあるので交換するようにしてください。
鏡で見ながら剃る

Iラインを剃る体制は、新聞紙を広げた上に脚を広げた状態で座ります。

足の間に自立する鏡を置いて、Iラインを鏡で見ながら剃るようにすると、剃り残しを防ぎやすいです。

身体が乾いた状態で剃る

電気シェーバーは、身体が乾いた状態で使う物です。

お風呂で使う場合も体が乾いた状態で使いましょう。

皮膚の端っこを引っ張りながら剃る

Iラインの皮膚は、腕や脚と比較してとても柔らかいという特徴があります。

そのため、そのままでは剃りにくいので、皮膚の端っこを引っ張ってハリを持たせながらムダ毛処理をすると剃りやすくなります。

外側から内側に向かって剃る

剃る向きは、外側の脚の付け根側から内側の膣方向に向かって剃ることがポイントです。

ちょっとずつ丁寧に剃る

一気にガーっと剃るのではなく、1本1本剃る感じて少しずつ丁寧に剃るとよいです。

少しずつそぎ落として行く感じのイメージで行って下さい。

最後に鏡で剃り残しがないかチェックする

鏡を見ながらIラインを剃って行きますが、全部剃れた!と思ったら鏡で剃り残しがないか最終チェックをして終了するようにしましょう。

少しでも毛が残っていると脱毛効果が下がってしまったり、火傷の原因となるので剃り残ししないというのが大事なポイントなのです。

自己処理後はしっかりと保湿を行う

日常的にIラインを保湿するという人はあまりいないでしょう。

しかし、Iラインは乾燥しやすい部分なので、自己処理後はしっかりと保湿をするようにしましょう。

保湿をすることで、乾燥を防ぐだけでなく脱毛効果も高まります。

ワックスや毛抜きでの自己処理がNGな理由を教えてください。

キレイモで採用されているIPL方式の脱毛器は、毛のメラニン色素に反応し毛乳頭にある毛の成長を促進させる組織にダメージを与えて毛の成長を阻害させます。

ワックスや毛抜きで毛を抜いてしまったら、毛穴の中から毛がなくなってしまうので照射を行ってもIPLのフラッシュが反応することができなくなってしまうのです。

毛を抜いても毛乳頭にはダメージを与えられないので、毛の成長を阻害することができず、しばらくする新しい毛が生えてきます。

一方、毛を剃る方法の自己処理では、毛穴から出ている毛をカットするので、毛穴の中にある毛根はまだ残っている状態。

そのため、毛穴の中に埋まっている毛にキレイモで使用している『IPLのフラッシュ』が反応するので、毛乳頭にダメージを与え毛の成長を阻害させることができるのです。

キレイモの自己処理でおすすめの電気シェーバーはありますか?

キレイモおすすめの電気シェーバー
キレイモ シェービング

キレイモが監修した電気シェーバー『KIREIMO SMOOTH BODY SHAVE(7,678 税込)』は、1本で顔・VIO・身体のムダ毛処理ができます。

キレイモでは全身脱毛を行うので、全身のムダ毛処理ができる電気シェーバーを使うのがよいでしょう。

細かい産毛があるところのムダ毛処理も可能なんですよ。

本体に顔用、VIO用、身体用の3種類の刃を付け替えることで、1本のシェーバーで全身の自己処理ができるのです。

本体は水濡れ厳禁なのでお風呂で使うことができないのですが、刃の部分は取り外して洗えるので、清潔な状態を保つことができます。

シェーバーの刃には、肌にやさしい「サージカルステンレス」が採用、顔用の刃は直接肌に触れない安全設計となっているので、安心安全な使い心地となっています。

キレイモ看守の電気シェイバーは、USB接続の充電式なので電池交換不要で便利です。

キレイモのシェービング・自己処理まとめ

キレイモのサービスや、剃り残しをしてしまった場合の対応などを紹介しました。

キレイモでは手が届きにくく自己処理がしにくい、背中,うなじ,Oライン,ヒップは、シェービング補助があるので、自己処理を行わなくてOKです。

料金は、キレイモのプランによって料金に含まれているので無料の場合と有料の場合があります。

キレイモのサービス
月額制プラン 回数パック・無制限プラン
シェービングサービス代 1回:1,100円(税込) 無料

 

キレイモの剃り残しの対応
  • 範囲が狭い場合・・・無料でキレイモスタッフが剃ってくれる場合がある
  • 範囲が広い場合・・・自己処理ができていない部位は施術不可となり、1回分消費されてしまう。

キレイモは剃り残しに対して柔軟に対応してくれることがあります。

しかしその分、施術時間が短くなってしまうというデメリットがあります。

全身の自己処理は大変ですが、1回の施術を満足いくものにするためにも剃り残しがないように、最終チェックを行うなどしてキレイモの施術に臨みましょう!

\脱毛卒業時50,000円のお祝い金がもらえるキャンペーン中╱

77,000円相当の家庭用脱毛器プレゼントがもらえる♡

キレイモに実際に通っている人の、口コミや評判について知りたいならこちらの記事で♡

関連ページ:【キレイモの口コミ】全身脱毛の料金や評判は?値段について